無料ウィキ
いい歳してアニメに返り咲いてしまい、昔はなかった“萌え”る思いにワクドキ(≧▽≦)

『本好きの下剋上』アニメ化に喜び

...2019/03/09 10:59...

祝!『本好きの下剋上』アニメ化!!\(*≧∀≦*)/

http://booklove-anime.jp

ドラマCD1、2とは声優さんが違いますが、ドラマCDのは上手ではあるけれど私には違和感があったので、違うのは気にならないです。
フェルディナンドが速水奨さん!落ち着いた感じでいいですね~。
マインの井口裕香さんは、私は聞き覚えないのですが、PVで聞いた感じだと合っていると思いました。期待出来そうです。

他のキャラはわからないですが、6月にドラマCD3が出るようで、そちらのマインとフェルディナンドはアニメと同じ声優さん。
だからドラマCD3の声優さんがアニメでも声を当てると考えていいのでしょうか。
あー、でも、アニメでドラマCD3の辺りの話までいくか怪しいですね~。
ジルベスターは出てくるか?出るかな。
ドラマCD3ではジルベスターが井上和彦さん!いいですね!(≧∇≦)

キャラの絵は、弱冠質が落ちる気がしますが、動かしやすいように、となると、イラスト並みにならないのはしょうがないですね。
マインはもっと可愛くならないのかなぁ、と、思わなくないです。

あとは、どこまでで切るのか。
本が出来るまで?
それだと題名にある「下剋上」が意味を持たないので……。
何クールやるんですかねぇ。最後までやるなら4クールはないと。
原作ファンとしては最後までやってほしいです。
まー、発表している声優さんが、マインとルッツじゃなくてマインとフェルディナンドだから、フェルディナンドは準主役ですよね。
最後までやらないと準主役(ヒロイン)枠としての役割を果たせないのではないでしょうかね?
保護者ってだけじゃなー……。

なにしろアニメ化嬉しいです!

スポンサーサイト




『盾の勇者の成り上がり』読みました

...2019/02/19 11:37...

『盾の勇者の成り上がり』を読みました。

本屋で積まれているのをチラッと見て、アニメ化しているのを知り、なろう系のアニメ化はスライムの例もあるので、面白いかもと興味を持ちました。
勇者と言ったらファンタジーでしょうしね。武器ではなく“盾の”というのが珍しいですしね。

でも書籍に手を出すのはためらわれて、取り敢えずなろうサイトを見てみようかとググったところ、コミックの試し読みを見付けました。
無料部分だけ読んで、いきなりの主人公のドン底ぶりに続きがとても気になり、やはり読んでみなければと『小説家になろう』サイトへ。

一気読みするには長いです。
900頁超えに引きました。長いな~と思った『本好きの下剋上』ですら600頁強ですからね。
でも読み出したら面白いので止まらず……。
まぁでも、『本好き―』よりも早く読めます。一人称で情景描写が少なく(セリフが多い)、改行が多い。
あと、武器の性能とかスキルは、頭の中を滑っていくので、最初から流し読みにしました。
あと、本編は半分よりも少ない400頁弱でした。

小説としては、ケチをつけたいところがあります。ぶっちゃけ、文章は上手くないと思います。
でもストーリーは面白い!
当然、好みの問題がありますが、私にはヒットしました。

やっぱり驚きは、“盾”というところですね。
守ることしか出来ない勇者!
盾を持っていても、もう片方の手には武器を持つのが普通ではないですか?なのにこの盾の勇者、攻撃の目的で盾以外のものを持てない。
攻撃出来ない葛藤。しかも陥れようとする数々の陰謀が。
でもこの主人公、オーソドックスな勇者とはタイプが違います。逞しくて繊細で格好良いのですよ。
外道っぷりと奥底にある優しさに惚れました。本人に下心がないのが良いです。
いや、下心もあるにはありますよ。主に守銭奴的方面に。守銭奴勇者。いろいろ勇者として間違っていて面白いです(^_^)

ゲーム的な知識での説明も面白いと思いました。
RPGのようなゲームを全く知らないと、入り込みにくいかもしれません。
そしてゲーム感覚の他の勇者たち……。
正義とは何か、という話も好きです。
どっちが悪いわけでもなく自身の正義のもとに行動している……でも思い込みが強いのですよね。
信じる心って、勇者たちに求められることではあるのですが、これまたいろいろ間違っています(だから面白い)。

けっこう酷いシーンがあります。
お気楽なストーリーではないです。でも一人称視点で、主人公がウジウジ悩み込む描写があまりない(悩むより怒るし、前向きに思考していく方が多い)ので、軽い印象があります。
あと、まぁ、女性キャラが多いです。
あと、作者は女性が嫌いなのかな?と思うくらい、ある勇者が酷い表現を続けます。

で、外伝まで全て読みました!
これも面白かったです。
槍がバカ過ぎです(笑)。でも盾の聖人ぶりを引き出してくれて、グッジョブです!

面白かったので応援のため、書籍も購入し始めました。
現在3巻まで読んでいますが、ネットのものより話が膨らんでいます。
1、2巻では付け足し感がありましたが、3巻では自然な感じに膨らんでいて、文章も綺麗になった気がします。
監修が入ったのですかね?書籍に期待が持てます。

アニメは4話まで見ました(ニコ生で見ているので遅れる)。
尚文(=盾)、格好良いぞ(///ω///) 絵が綺麗ですね。曲もいいです。
今時では珍しく、2クール確定らしいですね。
どこまでやるのかなー。ラストまで行けるだろうか。
コミカルな部分はすっ飛ばしていきそうな気がします。
お下劣だなぁと思う描写が変えられていましたね。アニメ化で、アレは無いだろうなー、と思っていたので、やっぱりですね。
とするとあの辺りも変えていくだろうし……悪くはならないだろうと思います。
過激な方が好きな人は、ネットの方を読んだ方がいいかもしれません(と言ってもそれぼど過激ではないですが)。
アニメの方は、心の声も小説より少ないので、尚文の品性が良く見えるように狙っているのかな?
尚文は外道なとこもいいんですけどね~。
まぁ、アニメはアニメと割りきって、格好良い尚文を見たいですね(*´ー`*)
ラフタリアもかっこ可愛いです!

蛇足ですが、剣の勇者と武器屋の親父の中の人がSAOの剣士と商人の中の人で……。
ウケました( ´∀`) (ニコ生だと盾のあとがSAOなので余計に)


最近LINEで娘と話すときに、語尾に「なの」を付けることが多いです……。←毒された(笑)「ですぞ」よりは良いと思うなのー。





『本好きの下剋上』にハマってます

...2018/08/09 18:30...

『本好きの下剋上』、二週目読了。
ただし今回は既刊されている小説だけで、ネットの方はなし。続きは、これから発刊される小説の方で、ラストまで楽しみたいと思います。


この小説、まだマイナーで、知る人ぞ知る、な人気度ではないかと思っているのですが、既に漫画化されドラマCDも出ています。
マルチ展開はもはやさほど珍しくもないですが、でもドラマCDの方は驚きですよ。
主役のマインは沢城みゆきさんで、準主役と言えるフェルディナンドは櫻井孝宏さんです。
売れっ子声優ですよね!?凄い起用じゃないでしょうか?
これは売れる、と踏んでいるんでしょうね~(*´∀`)♪

ちなみにCDの存在を知らなかった読本一周目の時、私の頭の中で、フェルディナンドの声だけは勝手に浮かんでいました。その声は子安さんでした。
無表情な時は十二国記の景麒。分かりにくい優しさを出している時なんか、主上を心配している景麒の雰囲気が合うと思っていました。
陰険な時とかは“鬼畜メガネ”の雰囲気で(フェルは眼鏡かけてないですけどね)、ジェイドっぽいよなぁ、と思っていました(ジルベスターはピオニー陛下みたいだと思っていたし)。

だからドラマCDの存在を知って、配役を見て、びっくりしましたね~。
櫻井さんと言えば平成版サイボーグ009の島村ジョー。そしてFFⅦのクラウド。
声が軟らかい感じで、クールな言い回しにしてもキツくならず、なんだか甘い。
作者様の希望通りだったようなんですが、私の中ではフェルディナンドに結びつかず、しばらく違和感を覚えていました。
でも、ネットでラストまで読んだら、ラスト直前でのフェルの内心バラシ的なシーンがあって、そういう心情なら櫻井さんアリかも、と考え直しました。

二週目を読みだしたのは、物足りなくて『本好き~』成分再補充のためでしたが、フェルの心情を確認したいのもありました。

……フェルの分かりにくい優しさは分かっていたつもりなんですが、足りなかったかもしれない。
ジェイドほどの嫌味ったらしさは無いのかもしれない。
んー。んー?うーん……。

なんて考えながら。
まぁ、今はそのCDを聞いた後なので、もう櫻井さん以外は浮かんでこないんですけどね(^_^;)


『作家になろう』サイトでは、本編は完結していますが今は外伝が書かれています。
そちらも楽しみです。
それが終わったら、他のキャラにスポットを当てた別の外伝とか、マインのその後をせめて結婚式までとか、書いてくださらないでしょうかねぇ……。






『本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~』読了

...2018/06/30 21:34...

3週間程前から、『本好きの下克上』にハマっています。

息子(大学4年生)に面白い本は無いかと聞いたら、薦められました。
まーた異世界転生ものかよ、と、期待せすに読み出したのでしたが…………



…………面白いです!

息子が持っていたのは、既刊15冊中の9冊。
9冊読み終わったとこで続きを買いに本屋へ行きまして、残り6冊を毎日1冊。
ところがまだまだ完結していなくて、元が「小説家になろう」のネット小説とのことなのでネット検索。
すぐに見付かり、貪り読みました。

マイン可愛い!(ノ≧▽≦)ノ

可愛い可愛い可愛い(*´ω`*)
マインを輝かす周りのキャラ配置が秀逸です。

なんともあざといのですよねぇ。
理想的な父と母。しっかりものの姉。家族はみんなマインが好きで、マインも家族が好きで。家族愛が麗しい。
幼馴染みは一番の理解者。上司は厳しいけれど、それはマインを守るため。父もその周りの大人も、妻一筋で微笑ましい。
下町でも貴族街でも、マインに繋がる人たちは、クセはあれど基本いい人。

惚れます(*´ー`*)

いい人ばかりではないし、いい人でも立場や性格によってマインの思う通りにいかないことが多々あるのですが、マインのやらかす常識外なことに巻き込まれて振り回されてみんな大変。
そんなキャラたちに、「もっと振り回されればいいよ」、と思ってしまいます。マイン行け行けー、と応援してしまいます。
キャラが生きているので、ドラマ性があるのですよ。その感情の機微に、同感したり、悲しんだり喜んだり。
楽しいです。

そしてキャラが生き生き出来るのは、世界観がしっかりしていて、物語が面白いから。
ファンタジーですが、私が知っているファンタジーものとは、一味も二味も違っています。
異世界転生もので、主人公の目標が図書館司書です。
図書館司書ですよ?息子から最初にそれを聞いた時、何言ってんだコイツは、って思いました(笑)

転生した異世界は、中世ヨーロッパ風な感じで、お貴族様がいて、識字率5%くらいなんじゃないかという平民がいます。
本は貴族のところにはあります。でも印刷技術がない世界なので滅茶苦茶高価で、平民の手に入るようなものではありませんし、商人や親方くらいしか字が読めないので必要もありません。
そんな世界で、平民の中でも貧民層からのスタートです。
なんつーぶっ飛んだ話だろう、って思いました。

主人公マインは、外見は幼女、でも中身は図書館司書が内定していた女子大生(本に対して物凄く執着し興奮するけれど興味のないことにはかなり無関心なこれぞヲタクな普通の日本人)。
現代日本の常識とのギャップに悩み、更に超虚弱という大きな弱点を抱えながら、目標に向かって突き進んでいきます。

物語のスパイスとして、ちゃんと極悪なヤツも出てくるので、ホンともう、大変です。
本人もそうですが、かき回される周囲も、全くもってお疲れ様、な感じで(笑)

中世ヨーロッパ風と書きましたが、世界はもっとファンタジックです。
神さまがいる世界です。マインの頑張る日常に、段々と不思議な事象が見えてきます。人間味のある現実に、時々幻想が混ざり混みます。
きちんと計算され伏線が張られているので、幻想なのに世界に根付いていて、突飛さはありません(マインの本好き行動は突飛ですけど、そこは前提条件なので( ̄▽ ̄;))。

少々都合良く進み過ぎなのではないかと思うところはあるのですが、伏線があるので、いきなり出てきて御都合主義なんじゃないか、と思うことはないです(重箱の隅をつつくように細かく見分すれば、御都合主義なとこもあるかもしれませんが)。
ただ神の采配であるかのように都合良く進むところやキャラのあざとさから、女子向きだなぁと思います。でも少女漫画のように、恋愛感情で物事が進んだりはしません。
安心して楽しめました。
物語はどんどん大きく広がり、マイン一個人のことではなくなっていくのですが、それでも初志貫徹(紆余曲折はあれど)。目指すは図書館司書です!

私の好きなキャラは、もちろんマイン。そしてルッツとフェルディナンド。
正直、フェルディナンドに転びました(///∇///)
ああでも、フェルディナンド単体ではなく、ベストカップルとして、ですね。
ネタバレしたくないので、これ以上はやめておきます(;A´▽`A

うーん。
どこへ行き着くのか知りたくて、寝る間を惜しんで完結まで読み切りましたが……。

もっと読みたーい!\(^o^)/

本好きの下剋上 特設サイト

小説家になろう 香月美夜さんのマイページ





そんなはずはない

...2015/04/22 08:13...

友達とlineで話していて、恵美と真奥と漆原が好きだっちゅうたら、ダメキャラが好きなんだね、と返された。

どういうことなの?Σ(´□`;)
恵美も真奥も仕事の出来る人だぞ。
漆原は、うん、一流ニートだからダメキャラ扱いでいーけど( ̄▽ ̄;)

アニメの『はたらく魔王さま!』は見る価値なしってことでいいですかね(-""-;)










CALENDER
02 ⇔ 2019/03 ⇔ 04
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール
アニメ大好きな二児の母です。ファンタジーやSF、ロボットアニメが好物(^^)
何年ぶりかにオタクに返り咲き……むしろ今の方がオタク度濃し!(^^;
子供もオタクで危ない……もとい、楽しい一家です( ̄∀ ̄)

初めての方は、一番上の『取り扱い説明書』をご一読くださいm(_ _)m

月岡春実(つきみ)

Author:月岡春実(つきみ)
・当ブログのURL
http://runeknight.blog134.fc2.com/
・メールはこちらへ
メールフォーム

最近テレビアニメは見ていません。『ファイナル ファンタジー』にハマり中。FFBE、DFFOO、FFピクトロジカ、メビウスFF(全部スマホゲーム)。15とディシディアNTはソフトだけ持ってます(;゜∀゜) 一番好きなのはFF4。セシルに再燃焼。ジ・アフター(小説)でカインを見直したりも。
別サイトで『覇王大系リューナイト』の二次創作小説を書いています。滞ってますがまだ書く気はあります。
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR