無料ウィキ
いい歳してアニメに返り咲いてしまい、昔はなかった“萌え”る思いにワクドキ(≧▽≦)

好きな男性キャラクター (“管理人の主張”の5)

...2010/06/30 02:12...

ぶっちゃけ。
ガルデンに限らず、過去に重たいものを抱えたキャラクターが好きです。


・人を刺して入っていた少年院を脱走し、けれどブラックゴーストに掴まってサイボーグにされてしまい、生身の人間には戻れないという悲しみを抱える島村ジョー。⇒『サイボーグ009』

・自分が死ねば自分の操縦するロボット(ガイヤ)が爆発することで地球を破壊してしまう、というジレンマに苦しみながら、ギシン星エスパーたちと戦う明神タケル。⇒『六神合体ゴッドマーズ』

・人斬り抜刀斎として数え切れない人を殺してきて、その後悔の念にさいなまれながらも新しい時代の中で人を助けるために刀を振るう緋村剣心。⇒『るろうに剣心』

・父に魔王、母に人と天使のハーフを持ち、何度か魔族化をしながらもそれを抑え(抑えてもらって)ケストラーを倒すために旅をするハーメルン(アニメ版はあんなことになってしまいますが(--;)⇒『ハーメルンのバイオリン弾き』


重たいですよね。
剣心なんか本当に重い。実際にそういう人がいたと思うし。
でも葛藤を乗り越え、人々のためになりたい、と今そこにいる。

ハーメルンなんか、私的にはあの魔族になりそうでならないけどなってしまったりするあたり、めちゃ萌えます(^^)
(コミック版の方。アニメは見ていないです(--; )

あー、っと、タケルの場合は、過去は重くないですけどね(^^;
洗脳されちゃったマーグも、洗脳が解けたあとはもの悲しいんですが……でもあの髪型が受け付けなかった(笑)ので、私的にはパス。
でだしの頃の、気がおかしくなったフリをしていた王子様ルックの時はあの髪型で良かったんですけど。
戦闘服になってから、髪型は変えて欲しかったなぁ、マーグ(--;

そうそう、
「背中に哀愁が漂う男性が好き。」
とか高校生の頃は言っていたような気がします(笑)


根が単純なんでしょうね。敵だったのに、ある事情があって寝返るキャラなんて、めちゃキュンです。
これはロボットアニメ系に多いんだけど。
どんな事情があったって、今まで敵として人間たちいっぱい殺してきているんだから、そんな簡単に許されるわけはないじゃないですか。でもそんなの関係なく寝返る。
となると、それはもう、内面の葛藤はすさまじいものに違いない。
けど、短命なのが特徴。やっぱり、相当の覚悟がなきゃ裏切れないし。どんなシチュエーションで裏切るようなハメになるか、というと、やっぱり相応の理由があるわけですよ。


・最後の最後に、実は自分は母に愛されていたわけではなく、いくらでも取り替えのきくロボットだと知ってしまうガルーダ。⇒『コンバトラーV』
 →よく覚えてないですけど、ガルーダがキレて内部で暴れたので、コンバトラーVにとってはとても有利になったんじゃないでしょうか。
 でもストーリー的にはよく考えるとずるいです。いきなり敵側に裏切り者が出るって、ご都合主義じゃないですかね。
 でもあの最後の裏切りで、「ガルーダ、哀れな奴(うるうる)」になったわけです。

・最後の最後に、実は自分はボルテスV操縦者と兄弟でありかつボアザン星の王位継承者であると知ってしまうプリンス・ハイネル。⇒『ボルテスV』
 →あれもまた、よくもああも最後の最後にやってくれたものだと思いましたね。
 ひょいっと出てきた現王から「悪いのはハイネルだ」っていきなり責任なすりつけられるし(--;
 ハイネルったらキレて王を殺しちゃうし。これまたいきなり敵側に裏切り者(--;
 でもこれまたあの最後の裏切りで、「ハイネル、可哀相だ~(うるうる)」になったのでした。

・主人公と恋仲になってしまうエリカの兄で、地球攻撃軍提督であるリヒテル。⇒『闘将ダイモス』
 →ヤバいです。これ、wikiで見たら、すっごいガルデン属性です(なんでガルデンが基準(^^;)
 ダイモスって、第一回目がけっこう衝撃的で、いきなりバーム星からの和平の使者が殺されちゃうんじゃなかったっけ?
 その使者の息子がリヒテルで、地球人に父を殺されたと思って復讐のため、またバーム星人たちの安住の地のため、地球人を目の仇にするのよね。
 バーム星人てば、背中に羽があって。まるで天使! でも髪飾りとかは、エジプトの王様風じゃなかったっけ?
 今見たら、かなりおいしい話だと思うなぁ。
 ただ、ガルーダやハイネルのようには、短時間に高インパクトでこなかったから、覚えがあまりない(^^;


コンバトラー・ボルテス系の一番手はライディーンなんですけど、前半だけ出てきたプリンス・シャーキンは兄二人から虐げられてましたが、花と散ってしまうので、「兄二人のぶぁっか野郎(怒)」であって、シャーキンに対する思い入れはそうでもないかな(^^;

コンバトラー、ボルテス、ダイモスのあと、美形で訳ありで敵から寝返りファンタジー的ロボットアニメキャラを知らない……。
ロボットアニメもリアルになっていったからね(--;
ギャブレーはちゃらんぽらんだし、黒騎士バーンはあくまで敵だったし。
ガンダムでの寝返りキャラは、色恋沙汰が原因で、美しくない。正義のためじゃないんだよね。リアルだからさ。人間のどろどろしたとこなんか見たくないけどな(--;
あー、でも、クラマとか虎王とかもいたなぁ。

それからテレビ離れをしてしまいまして……。
何故か久々にヒットしてしまったのがリューナイト。

だから私的には、ガルデンはコンバトラーVのガルーダの流れをくむ正統お約束キャラ。
しかし驚くべきことに短命じゃない!
本編終わっても生き続けている上に長寿ときたもんだ!

だから見ているこっちが悩むんだな(--;

裏切りに、ハイネル、リヒテルみたいな、絶対的な理由がないんだよね。裏付けが弱いんだわ。
タケルやハーメルンのような運命的なものとか、剣心みたいな信念とかもないし。圧倒的に裏付けが弱い!
(だってさぁ、半分邪竜族だ、って言われたって、「なるほど、だから私は強いのか!はっはっはっ」ってふんぞり返ってりゃいいじゃん? ……なんてなんてナイーブでいらっしゃるのか(--;)

おかげで、妄想の嵐となっている今日この頃。
本編の流れだけじゃ、許せないんだもん(--;


えーと。
背中に哀愁がなくても好きなキャラもいますけどね。
えーと。
誰がいたっけ?
『魔天道ソナタ』のフィラとか、『グインサーガ』のマリウスとか、『ハーメルンのバイオリン弾き』のライエルとか。
優しくて笑顔の素敵な人だな。……哀愁キャラと正反対な(--;
いや、多分、哀愁キャラは、環境や立場次第で正反対になりそうな気が……根は優しいって気がする。
勝手な思い込みですが(--;
(だから妄想(--;;;)

えー、多分、私が見ていないだけで、お約束キャラは他にいっぱいいるはずなんです。
スパロボNEOのwikiのガルデンの項で見ると、例えばダ・サイダーとかリュウ・ドルクとか。
……全然わからん(--;
最近ノンコッコ様のサイトで初めて聞いたヤミノリウス3世とか(マジに初耳で……すんませんm(_ _)m )。
……wiki読んだら、おいしそうなキャラじゃないですか。
エルドランシリーズってのも、スパロボNEOで初めて聞いたんだよね。
んー。勇者シリーズとエルドランシリーズって別なのか。つーかひょっとして、エルドランが終わった後番組がリューナイト?
リューナイトは平日じゃなかったっけ? 勇者シリーズは土曜日だったから、たまーに見ていた気がするんだけど、平日は毎日残業で帰りが遅かったからなぁ。

ま、見ていないものまで語ることは無理なので。
『好きな男性キャラクター』はここでお開きとします(今は思い出せないだけで、他にも好きなキャラはいると思うけど)。
……そのうち機会があったらガンバルガーとラムネ40を見たいな(コッコさんがあれだけハマるんだから、闇野さんは外せないよーな気がする)。


で、次は『好きな女性キャラクター』になるのか!?
……ロボットアニメが好きだから、女性キャラってどーしたって男性に比べると少ないんだけどね(^^;


スポンサーサイト




切ない……のに快感て (^。^;)

...2010/06/29 21:13...

昨日の日記『好きなシーン』で、「心も身体も傷付いているガルに……胸キュンて(--;これが一番好きだと認識した時、「私ってサドか?」と思いました。」と書きましたが……あー、ちと間違いですわ。




このシーンのガルには、切なさを感じます。
出来るものなら守ってあげたい。


自分の道が自分以外の人に敷かれたもので、そしてそれが間違いだったとわかった、その、虚しさ、悔しさ、悲しさ、そして喪失感。

力が足りないことへの自分への憤り。

育ててくれた者を殺そうとしたこと、殺されかけたこと、そしてもはやいないということへのやるせなさ。

どうにもならない気持ちの吐け口をイドロに向けた、けれど何の解決にもならず。
そしてやはり力足らず、敵にやられて落ちていく。
しかもそれまで敵だと思っていた者に情けをかけられて。


自尊心がボロボロなんです。
とても可哀想。
ガルは絶対、人に、可哀想だ、なんて思われたくはないと思うけれど。


「傷付く方が 翼があるのに飛べないよりも マシさ
行くあてのない心をかかえて 立ち尽くすだけ

忘れる方が 終わった季節を悔やんでるより 楽さ
癒せやしない痛みをかかえて 立ち尽くすだけ」
(『Night Seeker』 唄:辻谷耕史)


本当にもう、切なくてたまらない。




でもね、現実にそんな男がいたら、カッツェじゃないけど、うざってー (`ヘ´) って思うでしょうね(笑)

ファンタジーだから美しい。
ファンタジーだから切ない。

切なく苦おしい夢をありがとう……。




でね。
ガル主役の二次創作を書いているのですが、中にガルを痛めつけるシーンがあるわけですよ。

どの場面も、それぞれのキャラクターの表情や声を妄想しまくって書いているんですけど。
その中でもガルが苦しむシーンて……何でこんなに快感なのかしらぁ (≧∇≦)

話の展開上必要な場面なのよ!
しょ、しょうがないんだから(-_-;)
一応ノーマル系で、腐な部分はないもん (≧ヘ≦)


で、私ってサドかしら? って思ったわけだ(笑)





好きなシーン

...2010/06/28 02:28...

絵が描ける人が羨ましいです(T_T)
かと言って、自分で練習してみようとか思わないので、そんな羨望はよろしくないとはわかっていますが。
でもねぇ、表現出来るって、凄いよね!

ノンコッコ様の、叫ぶガルに、萌え(≧▽≦)
いいなぁ、いいなぁ、ノンコッコ様いいなぁ。
 ⇒コッコ屋~同人ネタ扱い店~
(コッコ様宅にトラックバックが出来ないのは何故(--;;;)


私が一番好きなシーンは、38話で、
ガル「どういうつもりだ」
アデ「へへ。騎士道大原則一つ。騎士は、弱者を守らなくてはならない」
ガル「ふん、ふざけたことを」
の直後にシュテルが消え生身ガルになる瞬間。

何故かあの瞬間に「キュン(><)」ときます。

気力も体力を出し尽くして気を失ってしまうんですよね。
心も身体も傷付いているガルに……胸キュンて(--;
これが一番好きだと認識した時、「私ってサドか?」と思いました。

どーなの?(--;;;


それから、27話の最後。
バックに『戦え勇者達』が流れてゼファーがクラスチェンジし、アデューとガルで画面が2分され、そしてゼファーとシュテルが剣を打ち合わせる。
継いでガルの鬼畜っぷりとアデューのヒーローっぷり。
アデューが「ゼファー、俺に力を貸してくれー!」と叫んで『リューパラディン・ロードゼファー』の曲でメテオ・ザッパー。
そしてガル様がちゅどーん!と。
正々堂々戦いそして見事なやられっぷり。素敵です(やられっぷりが素敵って(--;;; 鬼畜なのは私(笑))
アデューのことも好きだから、「やったね、アデュー!」とも思うし。
この回は菱沼作監だし(*^^*)
絵もいいし曲もいい。とにかく良い。
とにかくカッコ良い。鬼畜ガルも成長する少年アデューも二人とも大好き(≧▽≦)

ま、ガルはこの後、勇者側になるってわかっているから、安心して「鬼畜っぷりが好き」って言えるんですけどね。
やっぱ悪者は嫌いなの。最後まで悪者ならここまで好きになれない。
……でも原作のとことん悪なガルも好きなんだけどね(^^;
(と言うかあれはガルデン一族の長としての主義主張であって、立場が違うからしょうがないのであって、悪じゃないのよ。
立場が違うからアデュー側から見ると悪い奴になっちゃうだけで)


で、ここで、ガルデンとアデューの戦いのシーンなんて描けて載せられたら、申し分ないんだけどねぇ~(T_T)





♪カラオケ~♪

...2010/06/27 18:32...

カラオケ行きました♪

辻谷さんて、自分で「歌は苦手」って言ってるんだよね。
あんなにいい声しているのに。

だから少ないのかな?
と言うか、1曲も無いんだけど(T_T)
結城比呂さんが9曲もあるのにさぁ (>_<)
(どーしてもリューナイトで考えるから比較対象が結城さんになる (-_-;))


キャラソンはあきらめて(あまり知らないし)。

ローゼンメイデン『禁じられた遊び』
BLUE SEED『カルナバル・バベル』
銀河旋風ブライガー『銀河旋風ブライガー』
天空戦記シュラト『TRUTH』
聖戦士星矢『夢旅人』
スレイヤーズ『Give a reason』
覇王大系リューナイト『RUN~今日が変わるMagic~』

を歌ってきました (^O^)

某SNSのアニメコミュのオフ会で、アニメ絵が期待されてたんだけど、私が歌った曲の内、そのアニメ自体の絵が出たのはスレイヤーズだけだった (-_-;)
(NEXTの最終回(≧∇≦))

ブライガーなんかブライガーとは関係ない専門学校生が書いたアニメだったし (-_-;)
(あれって悲しいから、あれなら全然かんけーない実写の方がマシだと思う)

リューナイトはアニメが出ないことはわかっていたんだけど、ま、ここはリューナイトファンとして抑えておいた(笑)
(これ何の曲?と聞かれた(ToT))

んで。
他の人が歌ってたものでアニメが出てた内の一つに萌え……。
ファイバードだぁ。カトリの兄ちゃんだぁ(≧∇≦)

3話くらいしか見たことないんだけどね (^_^;)

あぁ、見たいなぁ。勇者シリーズ。
ダ・ガーンとか。マイトガインとか。
もっとも、どれももれなく5話程度しか見たことないんだけどね (^_^;)


締めは宇宙戦艦ヤマトのOPとEDを全員で。

ヤマトのED聞くと……男ってバカだよなぁ、と思う(笑)
ま、いいんだけどさ。


はぁ。楽しかったけど疲れた。
参加者の内約半数は2次会へ。私は子供の夕飯を用意してこなかったし、眠いから帰ります。
相変わらず寝不足だからね~(^_^;)





ちょっと待てよ(--;

...2010/06/26 21:37...

ティア・ダナーンの闘い第1章の脚本を読んでました。

----------
アースティア・地上(岩山地帯)。
戦闘シーンの真っ最中 ──アデューの乗るパラディン、他、リュー六体と、邪竜族のドゥーム兵十体との闘いだ。
飛び交う銃撃音、ぶつかり合う剣と剣、ビーム音、更には──武器としての火災放射器に似た炎の音、風の音。
----------

火災放射器じゃなくて、火炎放射器じゃないだろーか、というおそらく誤字のとこは置いておいて(--;

----------
イズミ「み、みんな! 引けー! 逃げるんだ~っ!」
一斉に宙を飛び去る。
----------

って書いてあるんだけど。

むが Σ(--
「一斉に宙を飛び去る」
って!?

そういや疑問だったんだよね。
全て終わって最後に、

----------
ナビアから発した光りのシャワーが、一条の光条となって天に走る。
----------

ってことは、天に向かって(上の世界に向かって)下の世界から脱出しなきゃならないわけで。

----------
パラディンたち、七体のリューが飛び立って行く。
----------

とも書いてあるし、その前には

----------
シュテル、飛び立って行く。
----------

とあって、ああ、シュテルは飛べるからなぁ、って納得してたんだけどね。
でもこれだと、ゼファーとシュテル以外のリューも。
飛べるの?
つまりクラスチェンジしているの!? Σ(--;;

だいたいさぁ、「アデューの乗るパラディン、他、リュー六体」って書き方、困るよね。
パラディン以外のリューは、クラスチェンジしているのしていないの??

これまで、ティア・ダナーンは、エルドギアにいる42話の後で、ガルデンが操られる44話の前だと思っていたんだけど。
もしもクラスチェンジしているとすると、この前提が崩れる(--;

全員のクラスチェンジが終了するのが45話!
46話は総集編で。
月心たちがいなくなり始めるのが47話!
51話でみんな集合して、52話は怒涛の最終回!

つーと、ティア・ダナーンは45話と47話の間ってことに(ーー

でもそうするとね。
45話でガルデンがアドリアドゥームの爆発と同時に失踪。
死んだの?生きているの?
アデューたち、ティア・ダナーンに呼ばれる。
ガルデンが出てきた。
アデュー、ガルデンが生きていることについてはなーんも感慨を持たず、
「何であいつがティア・ダナーンに!」

って、そーじゃないんじゃない???
そんなの、嫌だぞ(--;

ミランダとの戦いの時には、
 アデュー「あれはガルデン!」
 パッフィ「この地にいる限り、敵ではありません」
とか、パッフィに諭されているし。
だって、アデューは、アドリアに操られたガルデンをあんなに頑張って呼びかけてたんだよ? 敵とは思ってないはずじゃん。

ガルデンは44話で「私は負けなかったぞ、アデュー」だし。
45話で「サルトビ、精霊石は返したぞ」ってすっごい満足げだし。
この状況でガルデン、アデューに向かって「貴様との闘いは一時休戦だ!」って、それはないっしょ(--;

ただ、出るたびに精霊石精霊石と騒いでいたサルトビが、ティア・ダナーンではガルデンを見ても「せ」の一言も出ないのよね。
精霊石が返された後だと考えれば、不思議はない。

え、でもそれじゃ、51話で月心たちと出てくるのがおかしいじゃない?
あれはやっぱり、ホワイトドラゴンにテレポーテーションで助けられてエルドギアに回収されていたってことだよね?
アドリアドゥーム爆発時にエルドギアに行ったんでなければ、いつ回収されたってことになるんじゃ。
だよね? ね? ね?



いや、でも、こじつけ出来ないこともないんだけどさ。
パッフィが、『リュー使いの運命』の話以降にガルデンのことを「この地では敵ではありません」と言っちゃうのは、パッフィの気持ちの中で整理がついていないんだなぁ、って思えるし(パッフィ自身が心の奥底でガルを仇だと思っている、ということ)。

アドリアドゥーム爆発の時、例えばゼファーがアデューにメテオザッパーの技を教えるためにカードになって飛んで行ったように、シュテルもリュー使いの運命に目覚めたガルデンに精霊石のありかを伝えるとか何かのためにカードに戻って爆発から逃れた、とかして。

それで実はティア・ダナーンの他にもう一つ外伝があり(でっち上げて)、そこでガルデンはアデューたちに出会っていて「生きていたのか!?」って驚かれていて、でも天邪鬼ガルデンはやっぱり「私は覇王になるのだー」とか突っ張っちゃってたりして(だからまだ敵→ティアでは一時休戦)。

あー、“やっぱり突っ張っちゃうガルデン”て、ありそうだな(--;

でもって、ティア・ダナーンから戻った後、アデューたち(視聴者)の知らないところで、一人で邪竜族と戦って、やられてちゅどーんといき、ホワイトドラゴンに助けられちゃった(それはでも情けないぞ(T_T))。
ってことで。



出来るな、これ。うん、また違うパターンのでっち上げ外伝を作成可能(^^)b
うーん。
いや、でも、クラスチェンジしていて十体のドゥーム兵相手に苦戦してたら、マズイよね(--;

シュテルは、ドゥーム化で飛べていたからいいとして。
「一斉に宙を飛び去る」は、いちおー、ホバリングみたいに飛ぶことが出来るからそれを言っているんだとして。
ティア・ダナーンから脱出するには、イズミとパッフィの魔法でロードゼファー以外を上に飛ばし、それからマジドーラとバウルスはロードゼファーに掴まって1体ずつ出て行くって手もあるし。

ってことで、新たなパターンのでっち上げ外伝は沈静化しておこう(^^;
クラスチェンジしていなくてもティア・ダナーンから脱出可能なのだ(^^)v

……はぁ、マジでびっくらしちゃったわ(--ゞ





飲み会中

...2010/06/25 23:30...

酔った勢いで……




好きだーーーーー!!!!!
ガルデン(≧∇≦)










病気だよなぁ (-_-;;)





今日の一言 (第38話 語り:イドロ)

...2010/06/23 23:54...

「そんなバカな。貴様が精霊石の力を引き出せるはずが。貴様は、いったい!?」


いったい、何なんですか?
どういうつもりでこのセリフを言わせたんですか?(制作者に聞きたいのよ)

あぁぁぁぁ、こういう謎を残すから、後を引くんですよぉぉぉ(ToT)





今日の曲は

...2010/06/23 15:45...

今日も仕事中に、頭の中にぽんっと歌が浮かびました。

 思いきり ひっぱたいたのは
 柄になく 怖かったからよ

なんだぁ?
今日はアニメの曲じゃないや (^^;



今日の曲は
『恋はNO-Return』松任谷由美
でした。

……だから何?(笑)



今夜はブログは休もう。そんで早く寝よう。
でないと真面目に死にそうだ (-_-;)(ここんとこしょっちゅう不整脈になる)

仕事中、眠くてたまんないし。←これが一番問題 (゜∀゜;)

眠気覚ましにトイレに行き、携帯ポチポチ……。
そんな経緯の日記なわけだ (^。^;)

そして終話ボタンをポチっと押すと、待ち受け画面が表示される。

ガルとアデューが~(≧∇≦)(←待ち受け画面に設定しているイラスト)

よーし、気合い入った!(`o´)(効力は、10分くらいだろうか?(笑))





つぶやき

...2010/06/23 13:00...

リューナイト二次創作小説(ガル主役/ノーマル路線/でっち上げ設定による本編改造独自展開)が頭の中で止まらず暴走しまくり。
仕事中ですら構成やら設定やら考えて、隣席の目を盗んでPCのメモ帳に書き留めたり。
家に帰ったら子供をPCの前からどかして続きを書き書き夜中まで。
眠くなったら床に転がり、目が覚めたらまた書いて、まともに寝てない。1日の睡眠時間は3時間くらい。
そんなに入れ込んで、どんだけ進んだかと言えば、書いちゃあそれより前を振り返って修正入れて、なんてしているから進みゃしない。
勇み足で連載始めちゃうか? なんて思ってみても、まだこの先も修正を入れることが目に見えているのでそりゃマズい。
書いている間も構成を考えている間もそれはそれはもう本当にめいいっぱい幸せで。
寝てないから朝は余裕なく、子供は私が起こさないと延々起きないものだから朝は修羅場な毎日。
ダメダメ人間ですが。それが何か?
そのうち残業もない職場だってのに過労死します(爆)





『るろうに剣心 星霜編』

...2010/06/23 01:24...

先週、なにげなくTSUTAYAに行ったら、見つけてしまいました。
『るろうに剣心 星霜編』

本当は、テレビ放映されなかった95話『流浪の最果て・緋と瑠璃の絆は潮騒の中』と、『劇場版 維新志士への鎮魂歌』を探していたんですけどね。
95話は、題名から、剣心が神谷道場へ落ち着く(薫と結婚する?)話なんじゃないかと想像しているんですが、どうなんでしょうか。
二人が幸せになる話が見たいです。

『劇場版 維新志士への鎮魂歌』を見たいのは、メインゲストキャラの声が井上和彦だから、という理由でだけ(^^;



星霜編は、取り敢えず上巻だけ借りてきました。
ストーリーは、その半分以上は総集編です。一言で言ってしまえば、ですけどね。

動きがすごくいいんですよ。さすがOVAですね。鵜堂刃衛との戦闘シーンは目が離せません。
全編通して、とにかく綺麗。……生活感のない美しさです。

総集編と言いましたが、蒼紫一派(御庭番衆)が全く出ていません。
時間的制約もあるんでしょうが(制作費の問題も)、刃衛、斉藤、志々雄が出ていて。
なんで蒼紫がおらんのじゃあ(`o´)
と、やっぱり思ってしまいますよ(--;

ストーリー、重いです。
本編の後に、キャストやスタッフのインタビューがありまして、原作者の和月さんの言葉があるのですが、
「原作ではせっかく幸せになったのだから、アニメでもしっかり幸せになってもらいたいです」
と。
確かに(--;
前にも言いましたが、私は原作派でして。
まぁでも、アニメはアニメとして、アナザーストーリーとして受け入れますけどね。
でなきゃ、わざわざDVDを借りてきたりはしないです。

見て良かったです。こんな剣心もあって良いんじゃないかと。
上巻は最後にやばげな雰囲気で終わりますので、下巻にどうつながっていくのか、楽しみです。
……一番最初に、最もやばげなシーンがあるので、それがどうなっちゃうのかが一番心配しなきゃいけないところなんですけどね~(^^;

あ、キャストのインタビューですけどね、声優さんは本人が語ってくれていまして。
驚いたのが池田秀一さん。
剣心の師匠、比古清十郎役ですが、有名なところでシャアの声をやっているお方です。
なかなかいいお年なんですなぁ。で、地声が。
これっぽっちも比古にもシャアにも聞こえない(--;
もう少しそれっぽい声でインタビューを受けてくださってもよろしいのではないかと(--)
いや、声を聞き分けるのはけっこう得意だと思っていたんですが、池田さんが地声で出している役があったら、もう聞き分けられません。池田さんとはわかりません。
なんかショックだ。



脱線しますが。

ちょっと思ったのですが、原作者の手を離れたストーリーって、大勢のスタッフと作り大勢の目にさらしたか、一人で(もしくは友人などと相談などして)作りこっそり披露するか、という違いなだけで、どっちも二次創作じゃないかねぇ?
大きな違いは、売れる作品を作らないといけない責任感かな。

でもね、売れることは意識しないとしても、同人誌でもネットでも外に発信するのなら、読み手がいることを意識して、自分勝手な話(極度のご都合主義とか)にしちゃあいけないのは同じだと思います。
……商業ベースなのにわけのわかんない最終回&映画を作った某○○○○○○○○とかもありますけどね(--;(それとか、いつまでも完結しない漫画とか……)
↑けど、ファンが認めれば、それも「あり」ってことになるから、わからないもんですけどね。





『サイボーグ009』平成版

...2010/06/22 00:40...

原点を語ったところで……009の平成版について!

今、ディズニーXDでやってますね~(*^^*)
毎週日曜日、21時から2話連続放映。

これ、リアルタイム放映時には、声優さんが全員違っていることを知って、ショックだったんですよ。
特に009! なにしろ井上和彦さんが大好きなもので。
絵も、新昭和版のジョーがかっこ良いのよ!(><)
(実はこれ、劇場版も不服だったんだよね、キャラデザが違っていて)

新昭和版のキャラクターデザインは、芦田豊雄さんなんですね。
ひょっとしてバイファムのキャラデザやった人では?
おおっ、ワタルやミンキーモモも!(wiki調べ)
好きだ~、あの絵。あの絵とあの声。あのジョーに惚れてました。
……じゃなくて、平成版のことを書こうとしてたんだっけ(^^;

平成版の絵柄は、あれはあれで、終わりの方の石ノ森章太郎氏の絵によく似ていて、良いんですよね(^^)b
009の前にキカイダーをやっていて、それには好感を持ってました。

でも、やっぱり新昭和版が好きで。
平成版のリアルタイム時は、テレビ離れををしていた時期でもあったので(ブログとゲームにハマってたんじゃなかったかな?)全然見てませんでした。

そんなわけで。
今更ながら、ディズニーXDで第1話を見て、感動に震えてしまいました!(ToT)
009はカッコイイ!!
一番最初にブラックゴーストから逃げ出していくストーリーの描写は、平成版の方が見せてくれてますね!
面白かったです。

でも気が付けば昨日は既に19、20話。
……全然見てなかった (-_-;)

先々週に久しぶりに見たんですよ。
やっぱりいいですね~(≧∇≦)
攻撃してくるサイボーグマンを目の前にして、
「僕は君たちと戦いたくないんだ!」
って言っちゃうその甘ちゃんなジョーが大好き!
でも結局戦うしかなくて、しかもメッチャ強いジョーがやっぱり好き!!

……強くなきゃダメなのよ。うん。

その後、ブラックゴーストに追われて……それでどうなったかは先週やったはずなんだけど……先週私は何してたの? 何で見てないんだろ? (-_-;
それで昨日の19、20話は、ブラックゴーストとは関係ない話。

19話はジェットが主役。
ジェットのセリフにビックリした。
ジェットがブラックゴーストにとっ捕まったのが40年前だって!?
さすが平成版 (-_-;)

wikiで調べたら、001から004は「東西冷戦時代にブラックゴーストに改造され、冷凍睡眠で眠っていた『第1世代サイボーグ』」なんだそうです。
おどろきましたわ~(゜∀°;

このジェット、可愛げ満載(*^^*)
「002は不死身のサイボーグなんだぜ!」
男の子に語った活躍の話は、実際とはだいぶ違っているけど、ジェットなら許しちゃう(^^)

20話のクビクロの話は、原作にありますね。
イマイチ盛り上がりにかける話なんですが(--;
ま、戦士に休息は必要なのです(^^)

さて、来週からはミュートス編みたいです(wiki見ました)。
新昭和版では、原作から離れた話ばかりだったと思うんですけど、平成版は原作に近いみたいね。
楽しみだぁ(*^^*)

日曜日は、20時から電脳コイルもやっているので、早く家に帰ってこなくちゃいけませんね(笑)






原点→サイボーグ009 (“管理人の主張”の4)

...2010/06/21 21:54...

私のアニメ好きの原点。
大好きです、009。
あ、新昭和版(1979年)の方ね (^^:

声優では井上和彦さんが一番好きなんですが、009が始まりってわけです。
アンソニーじゃないのよね(キャンディキャンディも見ていたけど、当時は声優を意識していなかった)。

あの頃はヤマトや999もやっていて、アニメブーム到来期でした。
でも009はヤマトと999に押されていて、あまり目立ってなかったように思いました。
それだけに、判官贔屓ってのもあったんですよねぇ(^^;

一番に好きなのは、やっぱりジョー。二番目はジェット。
ジョーにはフランスワーズがいたので、ジョットの恋人になる想像をしたりして。
……あの頃から妄想癖があったんだな(笑)

映画『超銀河伝説』は、朝から見に行って、同時上映作品と合わせ、3回見ました。
あの頃は、1回だけ見たら入れ換え、なんてなかったですからねぇ。

当然ムック本も持っていて、今でもケイブンシャの大百科シリーズを持っています。
『サイボーグ009大百科』
『サイボーグ009大百科完結編』
『サイボーグ009超銀河伝説大百科』
あと、
アニメポリス・ペロの『決定版 超銀河伝説サイボーグ009』
……しばらくアニメ離れしていたから、保管状態があまり良くないんですけど(--;
下敷きも持ってたけど、学校に持って行って使用していたから、割れてしまって捨てました。

何しろ、アニメにハマったのはこれが初めてでした。
……原作には、アニメと絵が違ったので、なかなか近寄らなかったんですけど(^^;
でも今は文庫本のシリーズを持っています。

なのに、完結編(石ノ森章太郎氏が亡くなってから発刊された話)を読んでいないという手落ち……(--;
小説ハードカバーは持っているんですけど、所有欲を満たしたところで終わっている(--;
ちなみに、1巻が出てから3年たっていますが、2巻はどうしたのでしょうね?





『電脳コイル』

...2010/06/20 21:30...

ケーブルTVディズニーXDに登場!
待ってました~!\(≧∇≦)/

謎あり笑いありサスペンスありぃの、電脳世界が日常に入り込んだ現実世界で普通の女子小学生がサイバーパンクなトラブルに巻き込まれていくドラマ!

……サイバーパンクって何?
えーと。説明は、難しいです。よって割愛( ̄∀ ̄)(し、知らないわけじゃないのよ(-_-;))



第一回目からサッチー来ましたね~。
怖いよ、サッチー (>_<)
可愛いけどね。
でも可愛いのは胸の辺りに描かれた女の子の絵だけ。
あ、声も可愛いかな (^_^;)

サッチーの開発者は、何考えてあんなデザインにしたんだ~ (‐o‐;)

ちなみに。
サッチーと聞くと、その度に野村幸代さんを思い出したものでした(笑)





「スタジオ日記 @ONLINE 『リューナイト』ムック本発売中!」

...2010/06/20 08:51...


スタジオ日記 @ONLINE 『リューナイト』ムック本発売中!


     ↑   ↑   ↑
そえたかずひろさん、みっけ!(≧▽≦)

----------
昔と同じ絵を描こうと頑張ってみたけれど、かつてのスタッフに
「だいぶ絵が変わったね〜」
と言われました(苦笑)
そうかな〜。
----------

そうです! その通りです!
この本の表紙裏(折込の部分)を見て、「うそ、そえたさんなの!?」と思いましたもん(--;

そこで改めて、「いったいこれ誰の絵なんだ?」と思っていたCOMPLETE COLLECTION DVDの箱をひっくり返してよーく見てみたら、そえたさんの名前を見付けました。
ブックレットの方で探していたんですよね。ブックレットにはそえたさんの名前がありましたが、でもブックレットの表紙は昔の絵のアデューだったので、別人が書いたものと思っていて。
箱の底にずっと気付いていなかった(--;

でもまぁ、パッフィは可愛いし、グラチェスは相変わらず(さらに)麗しいし、月心は男前だし、イズミはおっさんらしいし(そこは余計か(笑))。
そえたさんの絵は好きです。
……ただガルデンの生意気さがアップしたような(--; 可愛くない (昔のガルが可愛いと思っているのは私だけ!?)

メモリアルブック・表紙
メモリアルブック・裏表紙


にしても。
半年前の日記にコメント付けて、果たして気付いてもらえるんだろーか(--;
てか、イラスト貼り付けていることを怒られかも?(--;;;

追記:7/17 今更トラバしました(--;





サイン会………を見に行ってきた

...2010/06/20 07:35...

覇王大系リューナイトの原作者、伊東岳彦さんのサイン会が秋葉原の有隣堂(ヨドバシAKIBA店)でありました。
その整理券は5月に電話で受け付けしていたのですが、受付開始から1時間ほどで終了したみたいです。
電話しようかと、その日は朝から予定を空けていたんですけど、何だか気持ちがくじけて電話はしませんでした。

そこまで伊東さんのファンか? 私が好きなのはテレビ版の方だしさ。
秋葉原まで行くの、電車賃がもったいないじゃん。

などと思いまして(--;
にも関わらず。
ヨドバシAKIBAのサイトを見たら、以下のような文が。

----------
昨年末にはメモリアルブック、今年はホーム社から漫画文庫が発売される「覇王大系リューナイト」のアニメ本編で使用した貴重な生セル画を展示いたします。

フェア期間の前半はTVシリーズから24点、後半はOVAシリーズから24点を展示する予定です。
OVAシリーズは6/14(月)からの入れ替えとなります。
今まではなかなか見る機会のなかった、選りすぐりのセル画を公開いたします。

さらに! 期間中に当店で対象書籍をお買い上げのお客様に、抽選でサプライズプレゼントを差し上げます。 詳細は下記をご覧ください。

(中略)

全国の「リューナイト」ファンの皆様! 是非、この機会をお見逃しなく!

<サプライズ プレゼント企画> 詳細発表!!
気になる豪華賞品の内容は・・・
● 伊東岳彦先生直筆サイン入り、「覇王大系リューナイト」上巻カバー(色校) 2名様
● アニメ「覇王大系リューナイト」アデュー・ウォルサム役 優希比呂さん直筆サイン色紙 2名様
● アニメ「覇王大系リューナイト」パッフィー・パフリシア役 矢島晶子さん直筆サイン色紙 1名様
となります!
----------

へぇ~、セル画。
ほぉ~、サプライズプレゼント。

んー。暇だしなぁ。子供にはどっか行ってこいって言われるし(私がいるとパソコンを子供が使えなくなるため)。
サイン会って見たことないし。
でも、行ったとたんに「何しに来たんだ私?」って思うんだろうなぁ。

で。
アホなので(--;
見に行きました。
もちろんそこで下巻も買いましたけどね(上巻は5月に出ていましたが、下巻は前日が発売日でした(だったはず))。

セル画は、OVAの方でした。
テレビ版の方が見たかったなぁ(T_T)(14日から入れ替えだったのね)

サイン会の様子は……粛々と進んでいました(--;
男だけね。女いないね。
伊東さんの他の作品、知らないんだけど、男子ウケなものが多いのかな(^^;

棚には文庫の上下巻と、メモリアルブックも飾ってありました。
買ってなかったらメモリアルブックもここで買ってたのになぁ。上巻も我慢してここで買えば良かったなぁ。
そしたら当選確率アップだったのに!(3倍よ3倍!(笑))

それにしても……自分で言いたくないけど、この行動ってキモイかもな(--;
サイン会の列を見に行って、それだけでなんだか楽しくなっちゃうって(--;;;

ことリューナイトに関しては、かなり頭がおかしいです( ̄∀ ̄)





『覇王大系リューナイトメモリアルブック』 ……何はともあれガルデン( ̄∀ ̄)

...2010/06/19 09:44...

来たーーーーー\(≧▽≦)/
来てしまいました、メモリアルブック!

って、実はもう一週間前に届いていて、既に沈静化しているところですが(^^;
(当然一週間前はヒートアップしていましたけど。おかげで文章がまとまらなくて(^^ゞ )


取り敢えずガルデンですよガルデン。

Illustration Galleryというカラーページが8ページあって、
 そえたかずひろさん
 伊東岳彦さん
 菱沼義仁さん
 小出拓さん
 柳沢テツヤさん
 中沢数宣さん
の、商品関連用やLD・ビデオのジャケットのイラストが載っているんですが……やっぱりガルデンの扱いが不当だ (T_T)
リュー使い勢ぞろいな菱沼さんのイラストの中に入ってな~い。
最後の最後で仲間になるから、しょうがないんだけどさぁ。
でも悲しい (ToT)
入っているのはファイナルのだけ。SD化してるよ(--;

が。
ガルデン紹介ページにあったイラストで、かなりそのマイナス点を挽回。

頭に装着している防具(前面部分しかないから兜とは呼びにくいんだけど、あれは何なんだろう?)をはずした絵柄ってほとんど無くて、素顔が見られるのは一話だけなんだけど。
その素顔。

メモリアルブック・ガルデンアップ
(「☆耳 ちょっととがってる」なのね~)



☆可愛い(*^o^*)☆

場面的には困惑している表情なんだけど、なんとも言えず可愛い~(≧∇≦)

これを見られただけで幸せだぁぁぁ(悶絶)





『聖闘士星矢』を歌いたい!

...2010/06/18 13:27...

仕事中に……何でか急に歌のフレーズが頭に浮かんでしまうんですよ!
仕事への集中力の無さかしらね(^^;


 ブルードリーム 話せない夢が誰にもある
 ブルードリーム 届かない思いこそつのるさ


聖闘士星矢の挿入歌だったかな?
『BLUE DLEAM 夢旅人』
いい歌なのよ~(しみじみ)。
本当は歌詞を全部書きたいけど、携帯でポチポチしているんで、時間無いからナシね(著作権法に引っかかるかもだし(^_^;))

聖闘士星矢のは、OPも好きだったな。


 熱く燃やせ 奇跡を起こせ
 傷付いたままじゃいないと
 誓い合った遥かな銀河


だったっけ? だったっけ?
えーと、『ペガサス幻想』ね。
勢いがあって、歌うとスカッとするのよね~。

ん~、カラオケ行きたい。
けどアニソンは、無いことが多いからなぁ。
まぁ、売れなかった曲が残らないのは、一般の歌手についても同じなんだから、しょうがないけど。
むしろ、懐かしいアニメ、とか、くだらないけど売れちゃったアニメの歌だからって理由で、「え、この曲があるの?(-_-;)」ってことがあるから、アニソンの方が優遇されていたりするかもしないかも?(どっちやねん( ̄∀ ̄))


 きらめく星座が お前を呼んでる
 それは選ばれた 戦士の証し


やーん、止まりませんわぁ(≧∇≦)
(これはED。『永遠ブルー』)

ちなみに。
今、wikiの『聖闘士星矢』の項を見ていてぶっとんだんだけど、舞台なんてあったのね (゜∀゜;ノ)ノ
SMAPが演じたんだって。
うはっ\(゜∀゜;)/

星矢→中居正広
紫龍→草薙剛
氷河→森且行
瞬→香取慎吾
一輝→稲垣吾郎
ポセイドン→木村拓哉

まだ森君いた頃なのね (-o-;)
しかし……慎吾君が瞬で吾郎君が一輝って。
吾郎君より慎吾君の方が背が高くない?違う?
吾郎君の方が瞬て気がするんだけど。で、一輝はキムタクだろ?

って言うか。
見てみたいぞ ( ̄∀ ̄)
(ソフト化してないらしい。黒歴史ですか?(笑))





改名 (“管理人の主張”の3)

...2010/06/17 07:41...

高校生の頃からノートに落書きしてました。
と言っても私は絵は描けないので、文章の方。

高校生って、多感な頃でしょ?
でも私の場合は、少女らしい多感さでなくて、「世の中腐ってる」「大人なんて」な方向性だったので、書いた文章も暗いものが多かったなぁ(--;

それで、その頃から使っていたペンネームが、月岡春美。
平井和正のウルフガイなんて読んでいて、人狼と言えば満月、ということで、月という字を入れたかったのよね。
他に理由はなくて、なんとなくシンメトリーなのが見た目的に気に入っていた。

でも大人になり、PCでネットを渡り歩くようになって、ハンドルネームは全く別のを使ってました。
数年前から書いているブログの方もね。

で、こっちのブログでは、創作物を載せようかな、と思っているので、久し振りにペンネーム復活なのです(^^)
懐かしいな~。

ところでこの際だから、姓名判断なんてしてみようかな。
あと、春美の「美」の字がちょっと気になっているんですよね。

というわけで。無料の姓名鑑定サイト「http://www.judg.biz」で占ってみました。

まずは「月岡春美」
----------
あなたの天格(宿命運)は 12画です
裂けるという宿命数。家族運うすく、病弱、孤独、遭難、短命、大凶運数、犯罪の加被、考え解らず。
交渉事良し。味方にすると良いが、敵にすると嫌なやつ。優位、主導権を欲しがる。
何を考えているのか解らないタイプ。
女性の名前の始まりに付けてはいけない。

あなたの内格(中年・仕事運)は 17画です
強情頑固、協調性に欠ける。マイナスに出ると人に嫌われる。
孤独、ジリ貧、対人関係悪し、意志強し。ケンカ早い。占い信用せず。
他格に11,15,16,24,32画があれば、順調に発展する。

あなたの地格(少年・基礎運)は 18画です
生命力旺盛。戦闘的人生観、働き者、多少短絡。著名な芸能人などにはこの画数がある。
浪花節型。健康に恵まれ、スポーツマン多し。但し、病気をしたら死につながる。

あなたの外格(家庭・結婚運)は 13画です
学芸技能に良く、頭脳明晰、富貴繁栄。
知友人いずれも学芸技能にすぐれた者に恵まれ、結婚運も良い。

あなたの総画(総合運)は 30画です
10,20,30,40画等の、Oの系列で大凶運数。常に不安定。浮き沈みがはげしい。
性格は、一発屋。ギャンブル好き。蓄財、地位を失う。
女性の場合すべてに、調子が合わない。すべて裏目。波乱の人生。
----------

なんか、ダメダメっぽくない???(^^;;;
天格が、「裂けるという宿命数」の割に「交渉事良し」ってのがよくわからん(笑)
「女性の名前の始まりに付けてはいけない」って、普通の名前は苗字は選べないもので、月岡家に生まれてきちゃった女児はどうしたら良いの? 性転換する?(笑)
「強情頑固、協調性に欠ける」「対人関係悪し」って、最悪ハグ~(><)

けど、「月岡」は変える気ないしなぁ。

次、「月岡春実」
天格と内格は同じなので、地格から。
----------
あなたの地格(少年・基礎運)は 23画です
頭脳明晰。発想、企画力にすぐれ、実力抜群の特別吉運数。一匹狼。非常時に強し。酒豪。
晩婚、特に容姿、知能、性格などすべてに欠点はない。女性は、異性運悪く、結婚運に恵まれない。
カカア天下になると、生死別有り。後家となる。
女性につけてはいけない画数。

あなたの外格(家庭・結婚運)は 18画です
生命力旺盛。戦闘的人生観、働き者、多少短絡。著名な芸能人などにはこの画数がある。
友人関係は整理の必要を有す。

あなたの総画(総合運)は 35画です
真面目でおとなしく、女性のようにやさしい。女性には吉運。良妻型。
男性は、強さと決断力に欠ける。大成はしない。但し、他格に15,18,24,25,29画があれば成功する。
マイホーム主義。仕事は、文学、抜芸、芸能に良し。語学、数学に強い。
男性につけてはいけない画数。
----------

「女性につけてはいけない画数」と「男性につけてはいけない画数」と、どっちもあって全然ダメじゃんねぇ(笑)
まぁ、結婚はもうしなくていいから、「女性につけてはいけない」のとこは気にしなくていいや。

「頭脳明晰。発想、企画力にすぐれ、実力抜群の特別吉運数」なんて、いいじゃん(^^)v
「生命力旺盛」 ほほう。
「戦闘的人生観」 任せて( ̄∀ ̄)v ……って、そんな人生観でもないんだけど(^^;
「仕事は、文学、抜芸、芸能に良し」 やりぃ v(^^)v

って、ペンネームで人生変わるわけもないけど(笑)
ま、遊びです。
そういや「占い信用せず」って書いてあったなぁ(笑)

と、いうことで、「春美」から「春実」に改名~(^^)




……春美だと女だとわかるけど、春実って、男っぽい気がしてきた今日この頃。
ま、いっか(^^;
 ↑翌日追記(笑)





自己紹介に代えて(笑) (“管理人の主張”の2)

...2010/06/17 07:27...

自己紹介代わりに……(^^;

「http://www.kengoueda.com」で「つきおかはるみ」で占った鑑定結果です(^^)v
----------
診断結果:
曲げられない止まらない(おそらく世の中の9人に1人はこのタイプ)

基本性格:
あなたは自分の考えをしっかり持っている芯のある人で、普段は融通が利くものの、こうと決めた場合には相手の意見は雑音にしか聞こえていません。

人並みのいい加減さはありますが、本来、非常にまっすぐで「正々堂々」を好み、他人の卑怯さが許せないところがあります。
あなたが男性の場合は、やさしさゆえに、つい人にこびてしまったり、なにかと考えを引きずってしまいがちです。女性の場合はやさしいのですが、少し気が強いようです。
ときにはじけることはあったとしても、内面的なカタさから、いわゆるヘン顔をするのには少し無理があります。無邪気にバカに振舞うことは、基本的にあなたはしないでしょう。とくに女性には気品ある、しっかり者が多いようです。

形式を大事にするため、筋の通っていないことや恥をかくのが大嫌い。信頼、信用を大事にする、頼りがいのある人です。

人の好き嫌いは比較的少なく、みんな平等、仲良くやろう!といった感じでしょうか。でも自我が強いので、「自分は自分、人は人」といった割り切った面も持っています。 これは、実はあなたが特定の関心人物を除いて、基本的に他人に対する興味が非常に薄いからです。

恋愛に関しては好きになったら一直線。周りが見えなくなります。残念ながら変化球を投げることを知りません。また、知らず知らずのうちに相手を自分の型にはめがちなところがありますので注意しましょう。

なにをやっても大丈夫。自己責任でまっすぐ突き進むバイタリティをもっている人です。

あなたは何事も、決めたら最後。それを途中で曲げずに完結させないと気が済まないのです。その反面、決まらないときには恐ろしいほど躊躇したり、簡単に投げ出したりすることもあるでしょう。決意の度合いがポイントなのです。
そして目標を失ったときには要注意!誰よりも無気力人間になってしまいますから、常に目標を持って前進あるのみ。あなたは動きが止まったらお終いです。くよくよ悩んでいたとしたらそれは悩み損なのです。実は他人は、もともとあなたほど深刻さがないのです。

そのわりには、思い通りにいかないことを「仕方がない」と割り切ることもあなたは経験上得意としているはずです。
----------

当たっていてびっくり(^^;
実名じゃないのに(笑)
「気品ある、しっかり者」「頼りがいのある人」は大ハズレだけど f(^^ゞ

したがいまして、春実は『曲げられない止まらない』ヤツということでお見知りおきください(笑)





トラックバックテーマ 第983回「3Dについて、どう思いますか?」

...2010/06/16 21:58...

こんにちは!トラックバックテーマ担当の水谷です!今日のテーマは「3Dについて、どう思いますか?」です。突然ですが、3Dについて、みなさん、どう思いますか?3Dテレビも、店頭に並んだりしていますよね!ニンテンドー3DSも発表されましたので3Dブームが巻き起こっているように思います。水谷は、昔は3Dよりも、2D派だ・..
トラックバックテーマ 第983回「3Dについて、どう思いますか?」



初めてのトラックバックテーマチャレンジ~(笑)


単刀直入に一言。
「3Dは目が疲れる!」


『アバター』を見たけどね、2時間も見てたら目が(--;
短い時間ならいいと思うけど。
メガネかけてるからかなぁ?

『ハリー・ポッター』の、始めの15分だけが3D上映なのを見たけど、それは別に目は疲れなかった。
ハデなシーンを3Dでやるのは、迫力があっていいとは思うんだけど。

でもハデさばかり求めるんじゃなくて、ストーリー重視でやって欲しい。
3Dじゃなくたって、大きなスクリーンと広がりのある音響なら、充分迫力出るし。

と、ここで要求したいのは、映画館に対して。
人気がないからって小さいスクリーン&へぼい音響の部屋においやるのはやめて~(ToT)
特にSF映画をね!(><)

んで。
テレビやゲーム機にも3D~?
って、噂にゃ聞いてたけどさ。

見てみたいけど、自分の家にはいらないいらない。
今んとこね(^^;

ま、どう思ったところで、時代の流れと懐次第だよね~(笑)





夢か妄想か

...2010/06/16 15:08...

昼休み。
自席でお弁当を食べた後、しばらく携帯でネット巡りをして、それから昼寝をすることにした。

机に左腕を伸ばして、その上に頭を斜め横向きにして乗せる。
完全突っ伏しスタイルだと、お腹が圧迫されてゲップが出てきちゃうんだけど (-_-;)、でもこの格好なら出てこないから。

目を瞑り、しばし幸せに浸ろうと、大好きな黒衣の騎士の姿を思い浮かべる。

今執筆中の二次創作が、時系列からいってティア・ダナーンを避けられないことに気付き、先に着いていたあの人にはどんな敵をぶつけようか、と考えていた。
その敵から、森の中で逃げる様子が見えて……。
森の中なのに、いつの間にかエレベーターがあり、あの人はその中に隠れた。

そこで現実がもたげる。
あの黒い鎧姿で現代に現れたら、すごい違和感だろうなぁ。

そうしたら。

あらら、どこかの大きなオフィスのエレベーターから、黒衣の騎士が降りてきた。
エントランス・ホールを堂々と歩いているけど、そんな、目立ってしょうがないじゃない?
ちょっとちょっと、それ有り得ないから!?

と考えたら興奮しちゃって (-o-;)
眠気がふっとんだ。

そうして。
今日の昼休みの貴重な昼寝時間がなくなったのでした (T_T)

あはは (^。^;)



けどねぇ。

胸に大きくて毒々しい赤色の目のような模様は確かにいただけないんだけど。
身長は174センチで痩せ形で。

バットマンと比べてどっちの方が威圧感があるかって言ったら、バットマンの方だと思う。
バットマンは顔を半分隠していて、怪しいしさ。

だから、オフィスにガルデンが歩いてても、アリなんじゃない?(≧∇≦)
(そもそも比較対象が間違ってるけどね~(笑))





『るろうに剣心』

...2010/06/16 00:46...

るろ剣も、本日で終了~。
(ケーブルテレビでね)

ってかね。
原作にない話が長過ぎるよ(--;

にしても。
原作は全部持っていたと思っていたのだけど、雄真実一派の『京都編』の後に『人誅編』なんてあったんだっけ?
覚えてない(--;;(売ってしまって既に手元にないし)

アニメは、京都編のあと、雑誌掲載中の人誅編が終わるのを待って、だらだらと30話以上も原作にない話を続けたってのが驚き。
フジテレビで放映していた当時は、全然見てなかったからなぁ。
剣心の声を女性があてている、ってとこが気にいらなくて、それっきりだったから。
今見ても、やっぱり男性にやってもらいたかったなぁって思う。
言ってもしょうがないんだけどね。
あとOPとED、どうにかして欲しかったね。全然、明治剣客浪漫譚のイメージじゃない曲ばっかだったもの。
あと薫がね。京都編以降は妙に浮ついた感じで、バカみたいだった。
神谷道場を切り盛りするので大変だったろうと思うのに、島原まで行っちゃうし。
真田忍群のお頭が女ってのも(--# うちの子供らには「そこがアニメクオリティ」とか言われてたぞ(--;
最後の風水の話とかは、もう見る気になれなくて流してたんだけど、最終の2話からすると、意外といい感じだったかも。
でもちょっと待て。あれが最終回? 風水編(と言うかどうか知らないけど)の終わりとしてはあれでいいけれど、るろ剣自体の最終回としては、あれはひどくないか??
と思っていたら、実は特別編があるんだって。

95話:サブタイトル=『流浪の最果て・緋と瑠璃の絆は潮騒の中に』

え、ケーブルテレビでは94話で終わり?

……ケーブル会社のバカ(TT) 95話、見たいのに。
明日からは三国志をやるらしい(--;;

ま、とにかく。
こんなわけで……実はるろ剣については原作派なのだわ(^^;

てなところで、いじょーです。





『桜蘭高校ホスト部』

...2010/06/15 13:11...

ケーブルテレビでやっているのを見てました。
過去形なのは、昨日で終わっちゃったから (-.-;)

平日毎日21時から30分間。
あっという間に終わったよなぁ。


初めて見たのが6話の『小学生ホストはやんちゃ系』。
私は全然見る気なくて、でも娘が見ようとチャンネルを合わせ、その番組名を見てぶっ飛んだ。

そんな変なの見ちゃダメ!

って止めました。
だって、“ホスト”だよ?
うちの娘、まだ小学4年生だし。
有害図書、じゃない、有害アニメでしょ? (-.-;)

なんて思いながらも、ついつい絵柄が綺麗なので消し損ねて……ストーリーは案外まともじゃん、と思ったら、はまった (-.-;;;

綺麗なオニイサン、好きですから~( ̄∀ ̄)v

と言うか、ホストという言葉から連想される際どさは全く無くて。
お金持ちにはお金持ちの悩みとかあるのね~、な感じで。
ハルヒが健気で。

まぁ、綺麗なオニイサンたち好きだけど、あの中じゃ、やっぱりハルヒが一番好きだな (*^o^*)
いいこだよね~。


で、ここ数日見逃して、20話の『双子があけた扉』を見た後、気が付いたら26話『これが俺たちの桜蘭祭』で、最終回となってしまった。
しかもホスト部解散だとか。

なになになに?
どーしてそーなった?


このアニメの原作は、2002年から『LaLa』で連載されている漫画で、2010年4月現在、16巻まで刊行されていて、まだ終わっていないらしい。
つまるところ、アニメは2クールで打ち切りになったっつぅわけだ。

未完原作ありアニメの宿命かな。
原作が完結してからアニメ化するなら、原作に沿った展開も出来るけど。
ま、原作と同じじゃつまらない、って、敢えて独自路線でいくものもあるけどさ。
また、人気があれば、原作から離れた話をだらだら続けて、原作が追い付いてくるのを待つ、なんてこともあるんだけど。
(代表的なとこでドラゴンボールね)
この系統では『花より男子』が人気が出たけど、あれほどのインパクトは無いしね。面白かったけど。


で、アニメ版最終回。
前回の話を見てないからよくわからなかったんだけど。
一つ言うなれば。

ハルヒって、男前だよね!(≧∇≦)
(本当は女なんだけど(-o-;))


漫画を読む機会があったら、読んでみたいですね~。

いじょー終わりっ ( ̄∀ ̄)





たまには素直に言ってみよう

...2010/06/14 22:20...

SNSとかブログとか。
他の人の日記を読んでそこにコメントを残してくると、その相手も自分の日記にコメントを入れてくれたりするもので、自分の日記ばかり書いていても誰もコメントはくれない。

ってことはわかっているんだけど、なかなか自分が書きたい欲求が大きく、人のを読んでいる暇がない。

他で書いていたことがあるとかで、ある程度知名度が高いとかなら違うけどね。
件名に、多くの人がそれを見たいと思うような、大勢の人の気を引けるようなキーワードを含めるとか。
より大勢が集まりやすい、話題にしたがるカテゴリーにアップするとか。
あー、タグもあるか。

例えばアニメなら、今現在放映中のものを取り上げた方が、興味を引きやすいよね。
今日なら、昨日ケーブルTVで“刀語”をやっていたから、この辺りのことを書いたら読んでくれる人がいるんじゃないかな。

と、いうこともわかっちゃいるが。
でも私が話題にしたいのは、やっぱり私が好きな物だし。
私にとっては現在進行形なアニメだし。
ってことで、どっちかと言うとリューナイトに特化しているこのブログ……。

いや、その内に他のアニメのことも書く気は満々あるんだけどさ。
でも気が付けばリューナイトのことばかり考えている (-.-;)
と言うかめちゃガルデンのことばかり考えている (-o-;)

このブログを書いているのは、自分のため。
共感してくれる人が現れないかなぁ、と思いながら書いている。
私と同じように考える人が、他に考えをぶつけられずにさまよっていたら、ここに来て語ってくれたらいいのに、とも思う。
「それはこういう考え方もあるんじゃない?」と指摘してくれたっていい(ただし独自理論を繰り広げると思うけど)。

でもリューナイトは16年も前のアニメだし、今となっちゃマイナーだから、それを扱っているこのブログも誰にも気付かれず、こっそりひっそり存在している。
……いや、メジャーになろうとは思わんけどさぁ。

ただ、開設して2週間で。
コメントも拍手コメントも、一つも入ったことが無いことに。
少々……いや、かなり、メゲてんだわ (T_T)
17個の記事に、拍手は7つだしね。読まれているのかすらわかんないし。

たまにはコメント欲しいよ~(ToT)


うーん。
アクセス解析、入れてみるか。
それとも無料カウンター?
で。
やっぱり読まれてないのかー(TT)って、ますますメゲてみるか……(ーー





スパロボNEO

...2010/06/13 22:36...


某家電チェーン店→7,480円
某中古ゲームチェーン店→2,980円

スパロボNEOが欲しいけど。
でも今は私、まだ小説を書くので忙しいし、やりかけで放置しているファイヤーエムブレムを終わらせてから次のゲームを始めたいし。
てわけだから、もっと安くなってから買おう。……あ、でも、NEOは人気低そうだから、中古市場から消えるかも?

なんて考えているところに。
某スーパーのゲームコーナーで。

「商品入れ換えのため値下げ断行!」
「最終価格3,000円」

まじ?
本当にいいの?
やったぁ\(*^o^*)/

……というわけで。
私ってば相も変わらず意志薄弱だ (-_-;)
しかも所有欲を満たしたところで満足しているし (^_^;)

ところで。
『Official Reference Book』という冊子が付いてきたんですが。
これって標準装備品?
参戦している各作品が紹介されています。
カラーイラスト入りだし、ブライガーのイラストなんて放映当時のもの!?
懐かしい~。
作品によって違うけど、脚本家や声優さんのインタビューも載っています。
豪華だね (^w^)

が。
リューナイトが……。
登場人物もリューも、4人分だけ。
グラチェスと、月心と、ヒッテルと、カッツェと、ガルデンが……。
シャインバラム、疾風丸、デリンガー、シュテルが……。
載っていないってどういうことよ!(`o´)

それにさぁ。
インタビューを原作者:伊東氏にするのなら、テレビ版監督の川瀬さんにして欲しかったな (T_T)

これ、ニコ動でゲーム進行中の画面を見ていなかったら、ガルデンたちは出てこないのかとガックリして、このままお蔵入りにしたかも。
それくらいショックなんだけど……この気持ち、エラい人たちにはわかんないんだろうなぁ……(T_T)





『覇王大系リューナイト CDシネマ ティア・ダナーンの闘い』

...2010/06/12 17:33...

ティアダナーン1

↑第1章のジャケットのイラスト
このイラスト、大好き(*^^*)(一つ前の日記「待ち受け画面」でも言ったけど)
アデューとガルデンが互いの背中を預けて敵と戦う。
リューでなくて、生身でね。こんなシーン見たかったなぁ。

あ。
以下、ネタバレします(16年も前のアニメなので、遠慮なく(笑))





このイラスト、大ウソだから(^^;
第一章。OP、EP合わせて14章ある内の、12章でようやくガルデンが出てくる(真打登場!(笑))。
アデューに向かって「貴様との闘いは一時休戦だ!」なんて言っちゃって、
さぁ二人で敵と戦うぞー、と思って聞いていると、

「雑魚とは闘わん!」

とか言ってシュテルは飛んで逃げて行ってしまう。

……唖然(--;

いやホント、ガルデンてば、残されたアデューが敵に囲まれている図に全く無頓着。
アデューが敵を惹き付ける役になっている。
聞いてて、「うわ、ガルデンてば、ひどっ」と思った。
ろくでもない騎士だよなぁ(^^;

このセリフの後の会話が、

アデュー「ガルデン、逃げる気か~」
ガルデン「覚えておけ、私も貴様もトパスを牢から奪還しない限り、このティア・ダナーンからは出られんと云うことをな!」

何もそこで、「覚えておけ」って言葉を使うことないのにね。
これだと、またしても負け犬の遠吠え? みたいな感じじゃんねぇ(^。^;

しかしガルデンて、意外と思っていたよりプライドは高くないのかも。
あっさり敵に後ろを見せられるんだからさ。
引き際を知っているよね。そこで無理に闘っても意味はない、って、戦い慣れした戦士な判断だと思う。
やっぱ200年も生きているだけのことはあるよねん♪
(良いように解釈(笑))
(の割に、アデューが相手だと冷静さを失っちゃうんだけど(--;)

よくあるパターンだと、ライバルを襲う、利害的には自分の味方にしてもいい相手に対して、「奴を倒すのは俺だ」とか言って、ライバルを守るために闘う、ってのがあるけど。
それすらしない。
うーん……アデューが負けるわけないと思っているから?


ここでちょっと考察。
本編と絡めると、ティア・ダナーンがどの辺りにおさまるのか。

明確に断定出来るのは、ティア・ダナーンは本編の28話から44話の間にありえるということ。
何故なら、28話でヒッテルが初登場し、44話を経て45話でガルデンが一旦退陣となるから。
 28話 『新しい仲間 謎のガンマン登場!!』
 44話 『リュー使いの運命 操られたダークナイト!!』
 45話 『ガルデンの決意 爆裂丸クラスチェンジ!!』

ただし28話の前にガルデンはメテオザッパーで吹き飛んでいて、36話で出てくるまでは生死は定かではない。
(32話でイドロが「シュテルのパワーアップのため」とサルトビの精霊石を奪っていくがガルデン自体は出てこない。
36話で「あの屈辱を忘れたのか。あの憎しみを。そのために私をあの冥府より呼び戻したのではないのか」とガルデンが言っているので、再生されてすぐと思われる。
……の割に、アデューたち、「本当に生きていたのか!?」とか驚かないんだよね(--; )
ということは36話より前ではない。
さらに37話で初めてドゥームを見ていて、でもティア・ダナーンのプロローグで「ドゥーム兵がまた来よったわ」とカッツェが言っているから、37話より後となる。
 32話 『燃えろサルトビ! よみがえる闇風伝説』
 36話 『ガルデンの悲劇 あばかれた黒衣の騎士』
 37話 『戦慄!新たなる敵 非常のドゥーム兵』

ところが38話は、37話で使ったワープゲートから出てきた場所から始まり、ガルデンとゼファーが海に落ちてそのまま39話につながる。
39話でエルドギアに招かれ、41、42話はそのままエルドギア内での話(40話は総集編)。
そして43話以降はエルドギアから借りた空を飛ぶ船で旅をする。
でもティア・ダナーンのプロローグでは、ドゥーム兵に追われて洞窟の中に逃げ込んでいて、船には乗っていない。
 38話 『怒りのガルデン イドロ、最後の出撃』
 39話 『騎士ふたり アデューVSガルデン!!』
 40話 『集まれリュー使い! 解けたアースティアの謎!!』
 41話 『飛べ!パラディン 強敵ドゥームを倒せ!!』
 42話 『グラチェスの決断 エルドギア壊滅!?』
 43話 『変身!マジドーラ リューウィザード登場!!』

44話は船の上で攻撃を受けて船が一時的に不時着し、そして操られるガルデンと戦い、45話でガルデン退陣。
この後51話までガルデンの生死わからず。
 
ありゃ(--;;;
本編のどこにもティア・ダナーンを挟めるところが無い。
ムリクリおさめるなら、42話の後、44話の前。
エルドギアから借りた船の上で邪竜族の攻撃を受け一旦船から降りた、とか、43話のように町が襲われているのを見て守ろうとした、とか?

うん、他に納まるところは無いね。これで決まりでしょ。


という前提条件で改めてCDを聞いてみると。
ガルデンはアデューと休戦はしたけれど、背中を預けて戦う状況になって、「一緒に戦おう」と言われたこととか思い出し、意地っ張りで天邪鬼でプライド高くて(低くは無いからね)ツンデレなガルデンてば、恥ずかしくなっちゃったんじゃない?
敵から逃げたんじゃなくて、アデューから逃げたってわけ(^^;
で、第2章で、アデューがいない状態で再トライ。なのにまたしてもアデューが来ちゃう(^^;

改めて聞いて思ったんだけど、このティア・ダナーンでの出来事も、ガルデンがアデューたちに味方することになる一つのきっかけ。
実はガルデンのためのストーリーなんじゃないの!?
もちろんグラチェス、月心、ヒッテルの見せ場もあるし、ティア・ダナーンとリューたちをミランダから救う、というのが主題なんだけど、結局ここで救ったリューたちはこの先出てこないしね。
このストーリーで生きてくるのは、ガルデンのこの先の行動につながる心境の変化だと思うんだよね。
ま、私の視点はかなりガルデンに偏っているけど(笑)

……それにしたって、この話の次にアドリアに操られて、その呪縛から逃れるために自分を刺したまではいいけれど、「アデュー、お前の声がはっきりと聞こえた。私は負けなかったぞ。見たか、アデュー」ってセリフが出るのは、なんとも激しくツンデレな(--;
あのセリフが出るには、やっぱりもう一つインパクトが足りないんだよなぁ。



ところで。
私がこの話で一番ツッコミ入れたいことは。

ガルデンがナビアを助けたことについて、何で誰も「あのガルデンが!???!」って驚かないんだろーか(--;


おまけ。
↓第2章のジャケット。ヒッテルがめちゃカッコイイ!(☆o☆)
ティア・ダナーン2

↓第3章のジャケット。パッフィの真剣な眼差しが良い(*^^*)
ティアダナーン3





待ち受け画面

...2010/06/11 12:51...


携帯の待ち受け画面に、『覇王大系リューナイト CDシネマ ティア・ダナーンの闘い1』のジャケットのイラストを表示しています。

私にとってはリューナイトの中で1、2を争う好きなイラストなんですよ (*^o^*)

でも折り畳み式携帯を、ぱっと開けた瞬間、にまっと笑ってしまう。
ガル……(≧∇≦)

あと、なんか気恥ずかしい……いや、恥ずかしくて当たり前だろう、いい歳してアニメの絵なんて! (-_-;;;
(色合いがはっきりしているから、アニメちっくなのがよくわかる絵だし)

人前で開けられませ~ん ( ̄∀ ̄)





ジャケットって?

...2010/06/11 12:32...

CDのケースに、解説や歌詞が書いた冊子が入っているでしょ?
それが歌詞の書かれたものなら、歌詞カードと言っていいと思うんだけど。
でもカード状でなく冊子のものが多いから、それをカードと言ってしまうのはどうなんだろうか。

それよりね、そんな冊子もなくて、ケースの蓋側に挟み込まれた紙に、とっても簡単な解説だけ、なんてのもあるじゃない?
あの紙は何て呼ぶの?

ちょっと調べてみた。
イラストや写真などを入れて(文字だけで表現しているものもあるけれど)デザインされ、CDケースの外側の箱だったりCDケース自体だったり中に入れられてCDケースの蓋側に挟み込まれている紙(例えば歌詞カード)だったりするもの、あれら全て“ジャケット”と称するらしい。

ジャケットとは、元はレコードを包むボール紙を指し(衣服のジャケットと同じくレコードが外側に着るものだから)、そのボール紙の表に、そのレコードの顔となるようデザインした紙を貼り付けた。
その顔の部分が、CDだとプラスチックケースの中に収められた紙も指すことになり、ケース(外側に着るもの)でなくてもジャケットと呼ぶようになった。

詳しくはこれ↓
http://www.ne.jp/asahi/jurassic/page/rule_f/matigai_f.htm

それから歌詞や解説の冊子は、“ブックレット”と言うのね。
まぁ、和訳すると“小冊子”で、まんまだけど (^_^;)

なるほどね~。
中の紙をジャケットと言ってはいたけど、いいのかなぁって思ってたんだよね。

すっきりした d(^_^)





唐突だけど

...2010/06/10 16:26...

『星のストレンジャー』が聞きたい!

劇場版超人ロックの主題歌だ (^_^)b
つか、今猛烈に歌いたい! (`o´)

けどまだ仕事時間中だからね (-.-;)
家に帰ったら探してみようかな。


  心の位置をずらして聞いた
  夢が壊れる苦い響きを

  求めるたびに傷が増えてく
  偽りだけの愛の街で


ロックってさ。
あの髪型でしょ(似てるのはおっ立っているってだけだけど)。
長寿でしょ(と言うか不死だけど)。
超能力って、魔法みたいでしょ。

原点だよなぁ。

誰のことを言っているか、って、言わずと知れた……(-.-;)





Amazon

...2010/06/10 04:17...

うーん、最近、吹っ切れてるって言うか、欲望の限り買い物してるよなぁ(--;

・何故かケースしか見付からなかったから買い直したCD「覇王大系リューナイト ヴォーカルコレクション」(駿河屋)
・はずみで買っちゃったCD「アースティア密着24時・世界まるごとリューナイトテレビ」(駿河屋)
・同じくはずみで買ったCD「続・アーティスト密着24時世界まるごとリューナイトテレビ」(駿河屋)
・楽天SHOW TIMEで見るだけに留めておこうと思ったのに買ってしまったDVD「覇王大系リューナイト COMPLETE COLLECTION」(Amazon)
・どうやらアニメばなれ期に売ってしまっていた本「覇王大系リューナイト アニメスペシャル」(ヤフオク)
・久々に買ったKANのCDアルバム「カンチガイもハナハダしい私の人生(DVD付) 」(Amazon)
・はずみで欲しくなったCD「呪われたアデュー!リュー使い最大の危機!!」(ヤフオク)
・“サンライズ”で検索したらニコ動で見付け、もっと綺麗な音で聞きたくなったCD「サンライズワールド1」(Amazon)
・辻谷さんの声が聞きたくて買ってしまったCD「強者語り」(Amazon)
・同上「静かな海」(Amazon)
・探していたCD「覇王大系リューナイト外伝・聖騎士の約束」(駿河屋)

4月からの2ヶ月で、どんだけ(--;;;
一応、全部中古品だから安いけどね。「静かな海」なんて、本体価格が1円だったもんね(^^;
もっとも、14枚セットのDVDはそれなりの値段だったけど。

こうしてみると、Amazonの利用率が高いなぁ。
yahoo!プレミアムの会員なんだけど、やめようかな。毎月会費取られるのが勿体無いや。
オークションに出品するような物を持ってないしね。

ところで、Amazonは一度買い物するとマイページが作られる。
そんで、Amazonのサイトを開くと、すぐにマイページが表示される。
その中に、「オススメ商品」というリンクがある。

どれ。どんな商品がオススメなんだろう?
と見てみたら、あれ?

1番目:The Best Singles FIRST DECADE
2番目:新版 明解C言語 実践編
3番目:ASKA CONCERT TOUR 2009 WALK [DVD]
4番目:萌え萌え妖怪事典 零
 ・
 ・
 ・

1番目はKANのベストアルバムだね。先月KANのCDアルバムを買っているし、昔も買ったことがあるからね。
2番目はプログラム言語の本。昔、仕事の絡みで調べる必要があってそういう参考書を買ったことがあるから。
3番目は……なんでASKA? 歌手のCDはKANしか買ったことないのになぁ。あ、KANの「カンチガイもハナハダしい私の人生」で、ASKAが一緒に歌っている曲があったっけ。
で、4番目はなんやの?(--;

なんなんだ? 萌え萌え妖怪事典って!?

ここでそれをクリックしちゃうと、次からは「チェックした商品」に表示されるから、気になるけど触らない触らない(--;

ああ、そう言えば昔、人に頼まれて、「萌えよ!戦車学校」なんて本を買ったことがあったっけ。
「萌え」なんてつく本は、その一冊しかないんだけど。しかも何年も前なのに。
なんでいまだに影響するのかなぁ。

つーか。他に買っているものやチェックしているものが、「萌え」っぽいのかも?(--;;;










CALENDER
05 ⇔ 2010/06 ⇔ 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール
アニメ大好きな二児の母です。ファンタジーやSF、ロボットアニメが好物(^^)
何年ぶりかにオタクに返り咲き……むしろ今の方がオタク度濃し!(^^;
子供もオタクで危ない……もとい、楽しい一家です( ̄∀ ̄)

初めての方は、一番上の『取り扱い説明書』をご一読くださいm(_ _)m

月岡春実(つきみ)

Author:月岡春実(つきみ)
・当ブログのURL
http://runeknight.blog134.fc2.com/
・メールはこちらへ
メールフォーム

最近テレビアニメは見ていません。『ファイナル ファンタジー』にハマり中。FFBE、DFFOO、FFピクトロジカ、メビウスFF(全部スマホゲーム)。15とディシディアNTはソフトだけ持ってます(;゜∀゜) 一番好きなのはFF4。セシルに再燃焼。ジ・アフター(小説)でカインを見直したりも。
別サイトで『覇王大系リューナイト』の二次創作小説を書いています。滞ってますがまだ書く気はあります。
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR