無料ウィキ
いい歳してアニメに返り咲いてしまい、昔はなかった“萌え”る思いにワクドキ(≧▽≦)

『はいからさんが通る 前編 ―紅緒、花の17歳―』

...2017/11/21 23:53...

は~い はい は~い はいからさんが通る 優しい心を ふりまきなが~ら♪

懐かしい懐かしい“はいからさんが通る”が、映画化されました!

リューナイト繋がりでここへおいでの方々には、「古い漫画だよね?」もしくは「何それ、知らない」だと思います。
私が小学生の時でしたかね?アニメ化されたのは。
不幸にも同時期に“宇宙戦艦ヤマト”(“さらば”だったと思う)をやっていて、アニメ人口の多くがそちらへ行ってしまったからか、原作の半分も行かないところで打ち切りとなってしまったものでした。

当時はまだビデオがそれほど普及していなくて(DVDじゃなくてVHSですよ。βもありましたね)、テレビも一家に一台あれば良くて、妹である私にテレビの権利はありませんでした(つまり強制的に父もしくは兄が見るものを見ることになる。まぁ、お兄ちゃん大好きで、兄が見るものを一緒に見たがったから問題はなかったとだけど。大抵は)。
でも“はいからさんが通る”を放送していたのは週末で、我が家は週末に祖父母の家に行く習慣があり、そしてその家にはテレビが二台あったのです!
おかげで、茶の間で兄はヤマトを見、私は奥の部屋ではいからさんを見ることが出来ました。

……今じゃ考えられない状況ですよね。
テレビが一台だけとか録画出来ないとか( ̄▽ ̄;)

まぁそれで、忘れられない思い出が一つあるのですよ。


ある日のこと、どこから聞いたのか、次の週がヤマトの最終回だと知りました。
最終回くらい見たいな。でも話がわからないから一週前も見ておくか。
なんて、唐突に妙なことを考えてしまい、その日ははいからさんではなくヤマトを見ました。
そして見終わった後に、兄が言ったのです。
「今日、“はいからさんが通る”最終回だよ」
と。

へっ?
嘘……→(新聞のテレビ版を見る)→本当だ!!(゜ロ゜ノ)ノ

どうして先にそれを言わないのよ!?Σ(T▽T;)

……ショックでした(T_T)

ま、先にテレビ版を見なかった私が悪いんですけどね。
以来、“はいからさんが通る”がどう終わるのかが気になって気になってしょうがなく、漫画が完結した後に友達からコミックを借りました。

……長くて驚きました(|| ゜Д゜)
アニメは半分くらいまでしか話が進んでおらず、それをどうやって最終回に詰め込んだのか謎でした。

そして数年後、再放送が行われました。
とてもとても楽しみにして、最終回を待ちました。
待ちに待った最終回を見て、またも驚きました。

……大人の都合ってやつを味わったのは、これが初めてだったかもしれません。

なんだこの最終回は!!!ι(`ロ´)ノ
いろいろすっ飛ばしていてワケワカランだろ!(怒)

そう。
当時の私は、まだ、打ち切りというものを知らなかったんです。
そりゃもう意味不明で怒りましたね~ f(^_^;)


そんな怒りに震えた“はいからさんが通る”。
遂にアニメで最後まで描かれます。
その前編、見てきましたよ!

感想は、えーと……。

少尉が優しすぎて、別人感があるんですが?(;゜∇゜)
出だしのナレーターが森さんで、「へー、少尉がナレーターもやってるんだ~」なんて思っていたら、少尉自体は別の声優さんでちょっとびっくり。
森版(旧)少尉ならもうちょっと皮肉屋なとこを出してくれたのかなぁ?
宮野版(新)少尉は、まるで夢の中の王子様。白馬の王子様ちっく。爽やかで全く毒気がない。
誰の幻想を詰め込んだのやら、という感じがしました。

原作のコメディ部分がちゃんと描かれていて面白いです。
ただ、テレビサイズの画面で見るなら違和感が無いと思うのですが、映画館の巨大スクリーンで見るとなんだか恥ずかしい。
なんで恥ずかしいのかなぁ~。ちょっと、自分の子供に見せようという気にはならなかったです。
(私の感性の問題なので、ぜひぜひ他のお母さん方は子連れで行っていいと思います。面白いのは間違いないです)

ストーリーも原作通り。よく詰め込んだと思います。
ただ詰め込み過ぎで、尺がない。だからリアルさに欠けてしまう。
もともとコメディだし少女漫画だからリアルさに欠けているんですが、20分強の枠で展開すると「あー面白かった。次の回も楽しみだな」となるところが、切れ目なく繋がっているものだから何か妙。映画向きじゃない気がするんですよ。
よく頑張って作ってくれていて面白いんだけど、やっぱり原作のテンポの良さや力強さや悲哀には及ばない。

と、いうわけで、メチャクチャ原作を読み直したくなりました!


えーと、ね。うん。
悪くはないと思う。懐かしいし。
ラストまでの映像化自体は嬉しいし。

だから、後編も見に行きます。
楽しみにしています(*´ω`*)


↓パンフレット裏。現代アレンジの紅緒と伊集院少尉。


↓来場者プレゼント。蘭丸可愛い(*´ω`*)
20171121234336a08.jpg

↓缶バッチは他に少尉ばかり4種類セットがあったけど、私は紅緒がいてこその少尉だと思うので、少尉だけとか興味ナシ。
20171121234404e6c.jpg


ちなみに。
ばあや役の鈴木れい子さん、1978年のテレビアニメでもばあや役で出演されていました。
未だ現役!嬉しいですね~(*´ー`*)
そしてはい、ここで初めてリューナイトと繋がるところがありました!
イドロです!(ノ゜ο゜)ノ

スポンサーサイト




やっぱりFateは面白い(*^_^*)

...2017/11/13 06:56...

10月20日に「劇場版 Fate/stay night Heaven's Feel」を観てきました。(以下、劇場版自体のネタバレなし)

……。

うーん。特に言うことないなぁ。
言うことないと言うか、今更力説するようなことはないです。

Fateは、ゲームはやってなくて、2011年にテレビ放送の『Fate/zero』を、同時期にDVDで『Fate/stay night』を、そして2014年にテレビ放送『Fate/stay night Unlimited Blade Works』を観ました。

私はzeroが好きでねぇ。まぁ、さすが虚淵作品だな~、ってストーリーなんですが。
実は私、zeroが本流だと思っていました。
なんせ最初に知ったのがzeroだったので、補足の為にレンタルして観たstay nightの方を単純に続編と捉えてました。
かなり長いこと。いやもう、ついさっきまで( ̄▽ ̄;) (←さっきwikiを読んだ)
ま、まぁ、今更ですが、よっくわかりました。本筋はstay nightの方なんですね!
stay nightがあって、士郎へ“正義の味方”という思想を植え付けた切嗣はどんな生き方をした人間だったのか、というのが虚淵氏によって創作されたのがzero。
切嗣はスピンオフの主役で、本来の主役は士郎。
言うなればzeroは二次創作、だったんですね(; ̄ー ̄A

うん。えーと。今回の劇場版ですが、潔くも、Fate/stay nightを知らない人を完全に置いてきぼりにします。
悪いことは言いません。Heaven's Feelを観る人は、先にstay nightを観とけ( ̄ー ̄)

出だしに、桜がどうして士郎の家に入り浸るようになったか、が長々と描かれていて、過去のstay nightとだいぶ趣きが違う感じがします。
そして士郎がセイバーを召喚したり凜のサーバントであるアーチャーに殺されそうになったりとかのシーンが早送り映像になっていて、マスターとかサーバントとか何だよそれ状態で一気に進み、謎人物な綺礼と対面します。
すごい省略( ̄▽ ̄;) カットしたも同然。わかっている人に対して、こんなことありましたね、これだけ話を進めますよ、が描かれている。知らない人にはありゃツラいですよ。
というわけで、三部作というたっぷり時間をとった作品なら初心者でもわかるように出来ているだろう、なんてのは誤りです。
事前学習必須です。
もちろんstay nightを知っていて、Fateという物語を知っていても、新たな物語として楽しめるのが今回のHeaven's Feel。前回のテレビ放送のUnlimited Blade Worksも、一番最初のstay nightを知っていても面白かったです。
何故ってこれらは元々ゲームで、ルートが違うから。
各ルートを辿って、キャラクターがどう立ち回りどんなラストをむかえるか、がそれぞれ映像化されているわけですよ。
……なんて贅沢なんだΣ(T▽T;)
まぁそれだけ人気があるってことですねぇ~。

今回のFateは、セイバーが………………。

二部以降、ツラい展開が待っていそう(´;ω;`)
(それはそれで楽しみだけど(ノ´∀`*))

もちろん二部も観ます。
だって面白いですからね!





『マイティー・ソー / バトルロイヤル』(原題はラグナロク)面白かった(*≧∀≦*)

...2017/11/09 02:07...

ネタバレおかまいなく萌え語るから知りたくない人はここで回れ右してね!
あと最初に言っておくけど、私は

ロキ推し!

だから、そこんとこよろしく(*´ω`*)

(↑読み直したら、ネタバレと言える程のことは言ってなかった。まぁでもサプライズが多少減るので、これから観る人は読まないことを勧めとく( ´,_ゝ`))


今回のアベンジャーズシリーズの主役はソー。
てのは、題名に“マイティー・ソー”って入ってるからもろわかりね。
そして意外な組み合わせで、超人ハルク!
何でこんなところにいるのよ、って登場シーンに、ホンとビックリ。

そしてもっとビックリなのが、なんとなんと、ロキ!
弟来たよー!(;゜∀゜)

前回の『マイティー・ソー / ダーク・ワールドの』のラストがあれだったからね。
弟君は、何をたくらんでいるんだろう、何をやらかしてくれるんだろう、と期待していたのよ。
だけど全然行動する気配がなくて、ずっと待ちわびていたのよね~。
ついに行動開始か!?
と思ったら……。

王様生活に溺れているだけかい!(>_<)
うわー、とんでもねぇ小者だよΣ(´□`;)
いや、ロキらしいっちゃらしいのかもしれないけど( ̄▽ ̄;)

そんであっという間に兄上に正体暴かれる。
バカだね~。恥ずかしいやつだね~。

でもそこが可愛い(///∇///)

そんなロキが素直にソーと手を組むわきゃなくてね( ̄▽ ̄;)
ソーが囚われ災難にあっている間も、支配者にうまく取り入って、ソーとハルクのバトルを高みの見物なんかしたり。
ソーがハルクに足をふん掴まえられてバコーンバコーンと床に叩き付けられる様に大喜び。←ロキも同じ目にあってるから( ̄▽ ̄;)

なーんか煮え切らないというか、天邪鬼で、素直じゃなくて、何考えてんだかワケワカランやつですよ。
小狡くておばか。
おばかで小者。
いやもう、本当に可愛いぃぃぃぃぃ(ノ≧▽≦)ノ

おばかだから兄上にやり返されちゃう。
でもめげない。恥じは無いのか!?無いんだなぁロキ君。
おかげで見事救世主だよ!

ううう……
はああああああぁ……

誠においしゅうございました!
ロキに活躍の場をありがとう!
私は今、とってもシアワセだよ~ヽ(´▽`)/

ロキのことをさておくと、今回の話も、ユーモアに溢れていてとてもとても面白かった。
戦闘シーンも格好良かった。
あと姉上、美人だわ~(ノ´∀`*)
ちょっとしか出てこなくてパンフレットに名前も出てこないくせにしっかり重要な役割こなしているストレンジさん、超クール!

あー、笑った笑った。
楽しかった~(*≧∀≦*)

そ・し・て
ロキったらまたアレを持ち出したようで(゜m゜;)
さー、次の舞台は地球でアベンジャーズの話。またロキがやらかしてくれるのか?本当に迷惑なヤツだなぁもう!(*´ω`*)


最後に一つだけ文句言わせてくれ。
どうして邦題を“バトルロイヤル”にしたよ?
ラグナロクでいいだろうが!(`へ´*)ノ
最初“バトルロイヤル”って聞いた時、単なる強者決定戦なの?って思って関心が向かなかった。一応ググってみて、ロキが出ると知って慌てて観に行ったけどね。
危うくIMAXでの上映を見損ねるとこだった( ̄▽ ̄;)











CALENDER
10 ⇔ 2017/11 ⇔ 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール
アニメ大好きな二児の母です。ファンタジーやSF、ロボットアニメが好物(^^)
何年ぶりかにオタクに返り咲き……むしろ今の方がオタク度濃し!(^^;
子供もオタクで危ない……もとい、楽しい一家です( ̄∀ ̄)

初めての方は、一番上の『取り扱い説明書』をご一読くださいm(_ _)m

月岡春実(つきみ)

Author:月岡春実(つきみ)
・当ブログのURL
http://runeknight.blog134.fc2.com/
・メールはこちらへ
メールフォーム

最近テレビアニメは見ていません。『ファイナル ファンタジー』にハマり中。FFBE、DFFOO、FFピクトロジカ、メビウスFF(全部スマホゲーム)。15とディシディアNTはソフトだけ持ってます(;゜∀゜) 一番好きなのはFF4。セシルに再燃焼。ジ・アフター(小説)でカインを見直したりも。
別サイトで『覇王大系リューナイト』の二次創作小説を書いています。滞ってますがまだ書く気はあります。
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR