無料ウィキ
いい歳してアニメに返り咲いてしまい、昔はなかった“萌え”る思いにワクドキ(≧▽≦)

【47章-1】

...2017/03/22 08:14...

前述の通り、インフルエンザにかかっていましたので、幻想世界の編集はまだ先になります。

お待たせしている方々に、ちょい見せ。


46章まで読んだ人はどうぞ(*^ー^)ノ♪



 再会を喜ぶ二人の周りに、カッツェ、グラチェス、月心が寄り集まる。
 ホワイトドラゴンはいない。客を迎えに行ったからだ。
 リュー使いらの顔が明るい。ガルデンは帰ってきたのだ。最初こそ僅かな抵抗を見せたが、それでも大人しく連れられてきた。また出て行くことは無いだろう。あっても、一人では行かせない。
 クラスチェンジをしたシュテルの姿も、リュー使いらを期待させている。真珠のような白いボディに高貴な紫色のマント。闇黒騎士ではなく、聖騎士と言った方が頷ける。
 ガルデンの雰囲気にも、闇を感じさせるものはない。ここを出て行く前よりも、清々しくもあり、ガルデン自体が聖騎士へクラスチェンジしたかのようだ。
 「ガルデン、これからは共に戦えるのだな」
 ヒッテルが言った。誰もが同じように考えていた。
 だが。
 ガルデンは表情を硬くした。
 「いや、ヒッテル。それは出来ない」
 続く、否定の言葉。
 ヒッテルの笑みが消える。カッツェは驚きの表情を浮かべ、グラチェスと月心はハッとしてから考えるような顔になる。
 「何故だ」
 「問題があるのだ」
 「問題だと? 何だそれは」
 「それは……」
 ガルデンは説明しようとした。
 その時、ヒッテルの後方から、ガン、という、金属質の物が落ちたような鈍い音がした。
 みんな一斉に、その音の方を振り向く。ガルデンだけは、正面に位置しているため、体を横にしたヒッテルの脇から見ることになる。
 「なん……だと」
 ガルデンは息を飲んだ。他の者たちも同じく、驚きに息を飲む。
 「甲冑が、何故ここに? 先程まで何もなかったはずだが」
 「そうや、何もあらへんかった。何でこないなとこにあるんや」
 「ガルデンの甲冑だな」
 グラチェスの指摘に、ガルデンは頷いた。
 「ああ、間違いない。……イドロだな?」
 疑問の言葉の後、甲冑の胸の部分にある巨大な赤い瞳から、白に近い灰色の、煙のようなものが出始める。
 「な、ゆ、ユーレイ~!?」
 カッツェは叫び、咄嗟にヒッテルにしがみついた。
 他の者たちは、驚きつつもすぐに戦闘体勢をとる。ガルデンの言葉を聞き逃さなかったからだ。
 「あれは、イドロなのか?」
 月心の問いに、ガルデンはまた頷いた。
 「イドロの気配がする。甲冑に潜んでいることは、ティア・ダナーンで会った昔の知人に指摘されたことでもある。しかしイドロが死んだ時、近くには寄らなかった。だから半信半疑だったのだが」
 「あの時か。確かに距離はあったが」
 「霊が寄ってくれば私にはわかる。霊体となって甲冑に入ろうとしたならばわかったはずだ。だが奴はあの時にあそこで絶えた。間違いない。……それでも死んだとは思えなかった」
 「死んだことがわかったのに死んだとは思えなかった、だと?」
 「ああそうだ。いずれ姿を現すのではないかと思っていた。……恐れていた」
 ガルデンの声が掠れる。
 その声に、ヒッテルはガルデンの方を振り向いた。不安げな顔がそこにあり、ヒッテルは、ガルデンの背中から肩へ移していた左手に、力を入れた。
 ガルデンはヒッテルの顔を見たが、突然はっとすると、煙のようなものへ視線を移した。
 甲冑の上の方の宙に、煙が集まっていた。その煙が固まり、縦に伸び、歪み、そして気が付くと、それは人の姿のシルエットに変わっていた。
 〔まったくいつまでも手がかかる〕
 その人影から声がした。みんな、ぎょっとしてそれを凝視した。
関連記事
スポンサーサイト






この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する







この記事に対するトラックバック
...トラックバックURL...
http://runeknight.blog134.fc2.com/tb.php/1353-01ab8f8e
CALENDER
08 ⇔ 2018/09 ⇔ 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール
アニメ大好きな二児の母です。ファンタジーやSF、ロボットアニメが好物(^^)
何年ぶりかにオタクに返り咲き……むしろ今の方がオタク度濃し!(^^;
子供もオタクで危ない……もとい、楽しい一家です( ̄∀ ̄)

初めての方は、一番上の『取り扱い説明書』をご一読くださいm(_ _)m

月岡春実(つきみ)

Author:月岡春実(つきみ)
・当ブログのURL
http://runeknight.blog134.fc2.com/
・メールはこちらへ
メールフォーム

最近テレビアニメは見ていません。『ファイナル ファンタジー』にハマり中。FFBE、DFFOO、FFピクトロジカ、メビウスFF(全部スマホゲーム)。15とディシディアNTはソフトだけ持ってます(;゜∀゜) 一番好きなのはFF4。セシルに再燃焼。ジ・アフター(小説)でカインを見直したりも。
別サイトで『覇王大系リューナイト』の二次創作小説を書いています。滞ってますがまだ書く気はあります。
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR