無料ウィキ
いい歳してアニメに返り咲いてしまい、昔はなかった“萌え”る思いにワクドキ(≧▽≦)

更新しましたー

...2017/04/17 13:06...

お待たせいたしました!

先週の月曜日に、今週中に上げる、と予告したものの、その予告を書いた直後から(午前休をとって用事を済ませた後に書いたので、その後の午後出社から)、とーっても忙しくなり、更新する余裕が全然ありませんでした(涙)
土日は休日でないと出来ないことが溜まっていて(先週は雨で出来なかった)、やっぱり忙しかったのですし。
最後の方のシーンに、なんかまだちょっと表現が足りない気がするところがあって、そこを直すのに考え込んでしまったりもしまして。
予告通りにいけるか危うい状況だったのですが、どうにか週の最終日までに更新出来ました!(;A´▽`A

……が、作業途中から猛烈に眠くて、数ヶ所でリンクをとちり、1頁はまるまる違う頁の文章は貼ってあったりと、ミス続出。
今朝直しましたが、それより前にアクセスした人にはごめんなさいm(__)m
リンクがおかしい、進めない、という人は、表示の更新をしてみてください。

さて、今章が、クライマックスとなります。
ここまで持ってくるために、ずいぶん遠回りをしたような気がします。
でも、全部必要だったんです。……多分(^_^;)
そしてこれだけいいシーンでありながら、ここではまだ終わりません。
伏線がまだ一つ残っていまして。……残してあるんですけどね。
次章もヤマ場なんですよ。

今章と次章、どっちがクライマックスだろうなぁ?
実は、頭の中では何度も映像になっているけれど、まだまったく書いていません。
ちゃんと締め括れるか、心配です(;・ω・)

あと、過去の記憶回でだいたい(そこそこ?)ヒッテルとガルデンの関係をわかってもらえるかなぁと思っていますが、注釈を。
うちのヒッテルとガルデンは、兄弟みたいな関係です。
友達なんですけど、ガルデンが非常識なので、ヒッテルはかなり迷惑被っていました。
でもガルデンは気を許すとすごくなつくのと、ヒッテルが兄体質なせいで、ヒッテルは非常識なガルデンを放っておけなかったんです。
そして腐れ縁になったのですが、命狙われたり、心配させられることが多い分、ヒッテルの方が思い入れが大きいです。
ガルデンの方は、ヒッテルの兄体質がちょっと煙たいです。親や兄弟の説教に対し、「わかったよ、うっせーな」なんて言っちゃうけど心の中じゃそう思っていない、なんて天の邪鬼な感じ、と言ったらわかりますかね?
もちろん、ヒッテルにはカッツェという妹がいまして、そっちも大切なんですが、ガルデンは弟、兼、悪友、な感じもあり、扱いが違うんです。
まぁ、ある意味ラブラブですね。ある意味、ね(;・ω・)

……現段階でガルデンの本命は、シュテルかなぁ(*´ω`*)
関連記事
スポンサーサイト








この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する







この記事に対するトラックバック
...トラックバックURL...
http://runeknight.blog134.fc2.com/tb.php/1358-14a92843
CALENDER
06 ⇔ 2018/07 ⇔ 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール
アニメ大好きな二児の母です。ファンタジーやSF、ロボットアニメが好物(^^)
何年ぶりかにオタクに返り咲き……むしろ今の方がオタク度濃し!(^^;
子供もオタクで危ない……もとい、楽しい一家です( ̄∀ ̄)

初めての方は、一番上の『取り扱い説明書』をご一読くださいm(_ _)m

月岡春実(つきみ)

Author:月岡春実(つきみ)
・当ブログのURL
http://runeknight.blog134.fc2.com/
・メールはこちらへ
メールフォーム

最近テレビアニメは見ていません。『ファイナル ファンタジー』にハマり中。FFBE、DFFOO、FFピクトロジカ、メビウスFF(全部スマホゲーム)。15とディシディアNTはソフトだけ持ってます(;゜∀゜) 一番好きなのはFF4。セシルに再燃焼。ジ・アフター(小説)でカインを見直したりも。
別サイトで『覇王大系リューナイト』の二次創作小説を書いています。滞ってますがまだ書く気はあります。
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR