無料ウィキ
いい歳してアニメに返り咲いてしまい、昔はなかった“萌え”る思いにワクドキ(≧▽≦)

映画『打ち上げ花火 (以下略)』

...2017/10/04 21:44...

『打ち上げ花火、下から見るか?横から見る か?』
先月見てきました。

ヒロインが可愛かったです。
これでもか、と言うほど、あざとく、あざとく、あざとく表現されていました。
制作者はきっと、如何に女の子を可愛く見せるか、ということにひたすら力を注いだのだろうな、と思いました。

芸術作品?


思春期の甘酸っぱさが詰め込まれていました。
子供だから、その瞬間、その一日、の気持ちだけが自分の全て。転校したってまた会いにこられる、なんてことを考えることも出来ないくらい、幼くて純粋な恋心。
心のまま行動したある一日。
意味はなく、理屈ではないその行動そのものを、切り取って描きたかったのだろうな、と思いました。

文学作品?

・・・・・

こっから畳みます





えー。
アニメの手法をとり、ファンタジー要素はあるけれど、芸術作品か文学作品か、という目で見た方がいいと思いました。

王道ファンタジーではないし、SFに分類しても良さげなファンタジーとも違う。
敢えて言うなら、男向きファンタジーですかね?
汗臭い少年期の、淡く甘酸っぱい夢を取り戻したい、おじさんの為のファンタジー。
だから、まだ過去を振り返る必要のない少年には、理解出来ないものなんじゃないかと思います。

不評なわけ。


この映画の評判をね、上映開始して1週間くらいの時に見たんですよ。そしたら3点に満たない(5点満点)不評な様子でした。

不評の理由に上がっていたのが、役者が棒読みとか、意味がわからないとか。
でもなんかその理由にひっかかりを覚えました。
解説を読んで、余計にね。
元が実写映画でしょ?子供向けの話じゃなさそうで。
悪い評価のワケは、その人の趣味・好みではなかっただけなんじゃないか?
そう思ったら、気になってしまいました。

そのあと娘が見に行き、感想が、「私は嫌いじゃない」と。

元々私は、この映画にさっぱり興味がなかったんですよ。
だけど、不評なことと娘の感想により、見てくるしかないんじゃないかと思ってしまいました。


で、自分で見てきて思ったのが、上述です。


うーん、私的にはビミョー。
カタカナのビミョーです。そういうニュワンスのビミョー。
別に悪いとは言わないけど。

あ、これだけは言っておきます。
棒読みじゃなかったですよ。

思うんですが、最近の声優さん、上手すぎるんですよ。
アニメって、イキイキとした人物にするために、声優の役割って大きいじゃないですか?
声だけ聞けば、その人物がどんな気持ちかわかりますよね、大抵のアニメは。

でもこの映画には、そんなものは必要ないんです。
何故って、絵できちんと演技しているから。
瞳が感情を表しているんです。あの映画に、過剰な声の演技はいらないのです。
求められるのは自然であること。

それにね、棒読みって言ったらね。
例えばコナン映画に出てくるサッカー選手とかね。一般公募のお子ちゃまとかね。
ひどいのはいろいろあるんで……。ええ、あの映画のを棒読みとか、無いですね。

それじゃあ、なんで私がビミョーだと思うかっていうと、アイテムの使い方がね。
あの、不思議な事象が起きるキッカケを、あるアイテムによるもの、としていましたが、それの扱いが気に入らないです。

最後にあのおいちゃんがね、あんなことしてくれちゃって。

あのアイテム、電球みたいな表現をしていましたでしょ?
科学的アイテムっぽさを臭わせていますよね。
それをあんなことしたら、起きている事象はどうなりますか?
論理的な展開であの事象の顛末を描かなければおかしいです。

あのアイテムが、もっと科学的でない摩訶不思議なものなら、こんなふうに引っ掛かることはなかったのですがねー。
ホント、あすこまでは楽しんで見ていたんですよ。
この先どうなるんだ、と、ハラハラしながら見ていましたよ。
なのに、あのおいちゃん(>_<)

しかもあのラスト。
あそこに何か意味があるような気がするんですが、わからない。
ノーヒントです。わからないです。
エヴァの時みたいに爆発はしなかったですが、もやもやして後味がスッキリしないです。


……ですが、わかっています。
私みたいな理屈っぽい輩が引っ掛かろうが何だろうが、あの映画にとって、そういう論理的顛末なんて、どーだっていいんですよ。

だから芸術か文学だと思うわけなのです。


いや。
やっぱビミョーだわ~。

あー、人を選びますね。私は失格です。
けもフレの罠(第一話のふるい分け(笑))は潜り抜けられても、大人向けの作品にはついていけませんでした。
┐(-。-;)┌







あとね、最後に書くけど。

いくつもの花火の、最後の奇妙な花火。あの滴形のやつ。

あれ、気持ち悪かった!

生理的に受け付けなかったという謎の現象( ̄▽ ̄;)
関連記事
スポンサーサイト






この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する







この記事に対するトラックバック
...トラックバックURL...
http://runeknight.blog134.fc2.com/tb.php/1378-220cd974
CALENDER
08 ⇔ 2018/09 ⇔ 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール
アニメ大好きな二児の母です。ファンタジーやSF、ロボットアニメが好物(^^)
何年ぶりかにオタクに返り咲き……むしろ今の方がオタク度濃し!(^^;
子供もオタクで危ない……もとい、楽しい一家です( ̄∀ ̄)

初めての方は、一番上の『取り扱い説明書』をご一読くださいm(_ _)m

月岡春実(つきみ)

Author:月岡春実(つきみ)
・当ブログのURL
http://runeknight.blog134.fc2.com/
・メールはこちらへ
メールフォーム

最近テレビアニメは見ていません。『ファイナル ファンタジー』にハマり中。FFBE、DFFOO、FFピクトロジカ、メビウスFF(全部スマホゲーム)。15とディシディアNTはソフトだけ持ってます(;゜∀゜) 一番好きなのはFF4。セシルに再燃焼。ジ・アフター(小説)でカインを見直したりも。
別サイトで『覇王大系リューナイト』の二次創作小説を書いています。滞ってますがまだ書く気はあります。
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR